スポンサードリンク

どもっ

ずいぶん前に一度京都のラーメン街道(一乗寺エリア)について紹介しました。

今回はラーメン激戦区の京都一乗寺エリアにあるラーメンではなく”つけ麺”を紹介していこうと思います!!

一乗寺エリアでラーメンを食べ飽きた方は一度行ってみてくださいね!!

つけめん『恵那く』ってどんなお店?

つけめん『恵那く』は一乗寺エリアの中でも珍しいつけ麺のお店です。

(私の知っている限りではつけ麺屋さんは2つしかない)

 

そしてこちらのお店も他の有名ラーメン屋さんに負けず劣らず美味しい。

しかし、ラーメン街道からは少し離れているので穴場的なスポットになっています!

外観

外観はこんな感じで小さいので少し分かりづらいかもしれませんが、お店の看板が出ていますのでそちらを目印にすればいいと思います。

自転車はお店の前以外にとめないでくださいと看板にも書いてありますのでとめない方が良いでしょう。

そしてお店の横の駐車場は恵那くの駐車場ではないため近くのパーキングエリアにとめなければなりませんので注意。

内観

内観は綺麗にしているなという印象。

テーブル席はなく、カウンター席のみで10席ほどの小さな店です。

カウンターが低く、ラーメンを作っている過程が見れるのが面白いポイントですが、キッチンの中の汚れが気になる方は嫌になる可能性もあります。(私は全く大丈夫でしたが)

というのも、スープの入っているお鍋が少し錆びていたので、苦手な方には抵抗があるかもしれません。

しかしこれは、経年劣化なので仕方がないと割り切った方が良さそうですね。

つけ麺の注文方法

注文は入ってすぐ左の食券で頼むスタイル。

追加注文はカウンターで現金で引き受けてくださいます。

 

恵那くでは、大盛り以外の小盛、並盛り、中盛りは同一料金でしてくださいます。ちなみに大盛りはプラス100円。

こちらの案内も書いてありますが、小盛で普通のラーメン屋さんの並盛程度ですので大盛りはかなりの量になります。

そして、小盛にすると味玉が半分入ってますので割引にはなりませんがお得です!

つけ麺実食!!

私が入店した時にはすでに満席でしたが、食券を購入するとすぐに麺を茹で始めてもらえます。

約5分ほど待ち、指定された席に案内してもらいました。

 

そしてそれから約7分後につけ麺はやってきました。

なのでラーメンが出来上がるまで約10分強ですね。

 

そしてきたのがこちら

私が注文したのはこちらの特製つけ麺。

こちらは980円で並盛(275g)です。

特製ラーメンには味付け煮卵半分、メンマ、チャーシューが入っています。

そして友人が注文したのは味玉つけ麺並盛。

こちらは味付け煮卵がまるまる1つ入っています。

 

麺は自家製麺を使用しているらしく、コシのある太麺です!

スープは鶏ガラと醤油ベースで濃厚でかつ飲みやすかったです。

 

味玉は甘めの味付けでしっかり味がしみていましたし、メンマもコリコリで新鮮。

そしてチャーシューはホロホロで、一枚一枚が大きく食べ応えのある食感でした。

 

ですが、、、

私たちの凡ミスですが、食券機の右上に麺の量の案内があるのを全く見ていなくて、全て食べ終わった頃にはお腹がパンパン。もう何も入らないような状態でしたw

もしあなたが小食でしたら、そこは注意しましょうね。

そして食後は蕎麦湯を足してくれます!

濃いスープがあっさりしたスープになるのでお腹がいっぱいでなければ飲んだ方がいいですよ!

店員さんのサービス

店員さんは、見た目はいわゆるラーメン職人さんのような、お硬そうな方でしたが話してみるととても気さくですし、他のお客さんに対する態度も良かったです。

 

お冷はピッチャーが置いてあるのでセルフですが、水がなくなると声をかけてくださり、お水を入れていただきました。

店員さん全員がそうだとは限りませんが、こういうところも良かったです。

恵那くへの行き方

恵那くへ行くにはバスより電車の方がいいです。

そもそもバスがあまり通っていない場所です。

電車ですと一乗寺駅から西に3分ほど歩けば看板が見えてきます。

スポンサードリンク

まとめ

ラーメン激戦区である一乗寺エリアの中でも比較的新しいつけめん恵那くは、ラーメンを食べ飽きた方にオススメ。

もちろんラーメン好きな人にもオススメです。

 

注意点は、駐車場が無いことと、麺の量を間違えないこと、そして平日でもお昼のピークの時間帯は少し混みますのでそれらを把握した上でいきましょうね。

 

ではっ

つけめん恵那く

TEL : 075-201-1931

定休日:火曜日、第3水曜日

ランチ:11:30~14:30

ディナー:18:00~20:30

 

 


おすすめの記事