日本で英語を勉強する意味がわからない。メリットとかがあれば頑張れるのになぁ。

 

そんなあなたにお答えします!

 

 

 

中学校のときの英語の先生に、なぜ英語を勉強するのか聞いてもまったく納得のいく答えを教えてくれませんでした。この記事を読んでいる人の中でも、英語を勉強する意味がわからない人も多いはず。そんなあなたのためにこの記事を書いています。

 

 

 

本記事の内容

  • 英語を話せるようになるメリット(場面別)

  • これからの英語の重要性

 

筆者も海外の方とスムーズに話せるぐらいは英語ができます。そんな僕がじっさいに感じていることや、統計によるデータを元に、これからお話をしていきます。

 

 

スポンサードリンク

【日常会話編】英語ができるようになるメリット

その①:他人からの評価が上がる

growing-the-rate

英語が話せるようになると、他人からの評価が上がります。日本では、英語を話せる人=すごい努力をした・特別というイメージがあります。

 

 

 

僕たち日本人がそう思う理由は、「日本の英語教育では英語を話せるようにならない」というのは周知の事実だから。英語で道案内をしていたり英語で接客をする人をカッコいいと思ったことがある人は多いでしょう。

 

 

普通の日本人ができないことをできる人=特別な人だというイメージがあるから、英語が話せることで他人からの評価が上がります。

 

 

その②:コミュニケーションを取れる人が増える

party with lots of friends

当たり前ですが、英語ができるようになるとコミュニケーションを取れる人の数が圧倒的に増えます。それは英語を話せる人が世界中にいるからです。

 

 

英語は今や世界の共通言語となっています。日本語話者は1億3千万人ですが、英語の話者は世界に17億5千万人もいます。単純計算では日本の10倍以上もの人とコミュニケーションが取れるようになります。

 

 

もちろんこのすべての人と話せはしませんが、コミュニケーションをとる人の数は、日本語しか話せない人に比べて圧倒的に多くなります。

 

 

その③:より多くの情報にアクセスできる

top page of a website

英語ができることでより多くの情報にアクセスすることが可能になります。それは日本語でしか検索できなかったものが、英語でもできるようになるからです。

 

 

 

例えば海外の論文は英語で書かれていますし、海外の最新情報は英語のニュースで見れます。日本語で調べても検索にヒットしないものも、海外でヒットすることはたくさんあります。

 

 

 

 

僕は知識は武器だと思っています。英語ができることによって、その武器を身につける術が圧倒的に増えます。これはベネフィットがありますよね。

 

 

その④:エンターテイメントの楽しみ方が変わる

one-who-is-watching-youtube

エンターテイメントの楽しみ方が変わります。今まで経験していたエンターテイメントも見方や楽しみ方が変わってきます。

 

 

 

例えば、今まで英語ができなくて億劫になっていた海外旅行にもなんの不安もなくいけます。さらに字幕なしで観る海外の映画はかなり臨場感があります。

 

 

英語を話せると、エンターテイメントへの関わり方や、楽しみ方、感じ方が変わります。

 

スポンサードリンク

【仕事編】英語ができるようになるメリット

その①:就職時に有利になる

two-girls-talking

英語を話せれば就職時に話せない人よりも有利になります。最近はグローバル化の影響であるていど英語ができて当たり前のような風潮があります。

 

 

まだまだこの傾向は薄いですが、例えば、係長になるにはTOEIC◯◯点、部長は◯◯点などといったような会社がいくつも出てきています。

 

 

 

英語を話せるようになると、これからの人生を決める一大イベントで他の人より有利になるのはかなりでかいです。将来のためにも英語を勉強するのです。

 

 

その②:仕事の幅が広がる

man working at somewhere

英語が話せるようになると、就職時に有利になるだけではなくやりたい仕事やジャンルの幅が広がることにつながります。英語ができないと採用してもらえない外資系や貿易関係などもあります。

 

 

日本での給料が高い会社ランキングでは外資企業が多くありますが、英語ができなくて諦める人も多いです。大手企業の中には海外営業部などもありますから、英語はできた方が仕事の幅が広がります。

 

 

 

これから長くて60数歳まで務めることになるかもしれない仕事なので、できるだけ視野は大きめに持った方がいいです。そんなときに英語ができた方が圧倒的に有利になるのです。

 

 

【学校編】英語ができるようになるメリット

その①:留学のチャンスができる

someone is picking an airplane

英語ができると留学するチャンスが増えます。というよりそもそも、英語ができないと留学することすらも困難になります。

 

 

 

交換留学でも英語力が必須ですし、正規留学するなら英語力証明が必要です。語学学校に通うなどの特別なものを除いては、留学には英語力が必須になってきます。

 

 

 

このように、英語圏留学や、英語で受ける授業の留学には英語力が必要不可欠です。留学にはさまざまなメリットがあるので、その留学に行くための準備として英語力は必要になってきます。

 

 

その②:進学時に有利

graduation ceremony

高校受験や大学進学のときに、英語ができることは有利になる可能性が高いです。多くの高校や大学で、IELTSなどの英語のテストスコア次第で入試(英語)を受けなくてもいいところがあるのです。

 

✔️具体例

  • 立命館大学IELTS5.5→法学部・産業社会学部・文学部・経済学部
  • 上智大学IELTS→文学部英文学科5.5・法学部公募推薦国際関係法学5.5
  • 東海大学文学部英検・法学部・教養学部準1級(優遇対象)

 

 

主英語力がその学校や機関の求める規定以上だと、英語テストを受けなくてもよくなったり、優遇処置がもらえたりするのでかなり有利に働きます。

 

 

【考え方編】英語ができるようになるメリット

その①:日本のことが客観的にわかるようになる

about cultures

英語を話せるようになり、海外にいったり海外の人と話すようになれば、日本のことが客観的にわかるようになります。海外の人は日本のことを客観的に評価するので、それを聞くあなたの考えも変わります。

 

 

 

日本では年功序列という考えがあったり、大学は4年で卒業するのが当たり前のような考えがありますが、海外にくるとそんなことどうでもよくなります。

 

 

 

さらに僕たちは慣れてしまいわからないですが、どれだけ日本人が礼儀正しくて律儀なのかなどは、彼らがかなり熱心に教えてくれます。

 

 

 

英語ができるようになるからといって必ずしもそうかとは言えないが、英語ができて海外の人と話すことでわかることがたくさんあります。

 

 

その②:文化や伝統がわかる

culturural sharings

これも英語ができて海外留学を通じてですが、他国の文化や伝統を身近に感じることができます。文化や伝統、政治問題・法律・宗教など、様々なことを海外の人から学べます。

 

 

 

僕が留学している台湾では若い世代の人でも政治や法律に関心を持っている人が大勢います。日本では興味のなかったそのようなことも、身近に感じれば自ずと興味がわき、知識がついてくるものです。

 

 

 

彼らと関わることで今まで興味もなかったことが変わって見えてくるのは素晴らしいチャンスです。

 

これからの英語の重要性

これからの英語の重要性は今より格段に増してくるのではないかと予想して言います。それは世界各国がグローバル化を推進しており、日本にも海外支社のあるグローバルな企業が増えています。

 

 

 

一方で翻訳技術はというと、あまり大した進歩がないのが事実です。ここ数年で革新的に翻訳技術が変わると言われていましたが、まだまだ翻訳に時間がかかったりテキストのみしか翻訳できなかったりします。ナチュラルな会話をするには翻訳機では物足りないのが事実です。

 

 

 

こういった理由から、これからも英語の重要性も需要は増してくるでしょう。でも何から勉強すればいいかわからない人も多いでしょうから、そんな人は以前僕が書いた記事を一読してください。

 

まとめ:英語はやっぱり大事

経済的にも発展しているこの国にいる以上、英語は必要ないという人の意見はわかりますし、じっさいにそうだと思います。しかしこれからのあなたが成長していく過程で、英語ができたらよかったなと思う場面は腐るほど出てきます。

 

 

そのときに少しでも後悔しないように、今はイヤでも少しずつ勉強していくべきだと僕は思っています。英語が話せなくて困ることはあっても、英語を話せて困ることは一切ありませんからね。

 

 

 

英語を学習するもしないもあなた次第なのですが、僕は勉強することを圧倒的にオススメします!それではみなさん、また次の記事でお会いしましょう♪

 

 


おすすめの記事