みなさんこんにちは!台湾・高雄留学中の黒さんです!

 

みなさんはご存知かもしれませんが、僕は中国語圏の台湾に留学していますが、授業は全て英語で受けています。もちろん中国語も全然話すことができません。

 

 

そんな僕ですが、日常生活はあたりまえに英語を使います。

そして気づきました。「学校で習った英語なんてほとんど使ってないな」って。

とくに日本の場合は受験勉強やテストのための英語学習なので、会話の中で使う「活きた英語」というものを習いません。

 

 

個人的には中学や高校で習う単語のほとんどが高度で日常会話では使いません。

なので今日は海外で実際に生活している僕が感じるよく使う英単語とフレーズをまとめて紹介していこうと思います。

 

主に使う頻度が高いもののみを紹介します。

海外留学を考えている方にとって少しでも役に立つことを願っています!!

スポンサードリンク

覚えておくべきよく使うフレーズ・イディオム20選

  • Let me see〜…見せてください。

【例】Let me see the documents. (その書類を見せてください)

 

  • Can you NOT〜?…〜をやめてくれない?

【例】Can you not speak loudly?(大きい声で話すのをやめてくれない?)

 

  • Piss off…怒っている、イラついている(angryより重い)

【例】I am so pissed off the guy. (あの男にイラついている)

 

  • Mad at…頭にきて

【例】Why are you so mad at me? (なんでそんなに俺に怒っているの?)

 

  • Freak out…怖い(極度に強い驚きや恐怖)

【例】Don't freak me out!(怖がらせるなよ!)

 

  • Freak out…パニックになる

【例】I'm a little freaking out now. (今ちょっとパニックなんだけど)

 

  • Fucked up…最悪

【例】My PC is fucked up, need to buy new one. (僕のPCは最悪だよ。新しいの買わなきゃ)

 

  • Take it easy…気軽にする

【例】Hey, it's okay, just take it easy. (ねぇ、大丈夫だから気軽にしなよ)

 

  • Hang out…遊ぶ

【例】I'm gonna hang out with him tomorrow. (明日彼と遊びに行くよ)

 

  • Pick somebody up…誰かを迎えに行く

【例】Alright, I'm gonna pick you up at the station. (わかった、駅まで迎えに行くよ)

 

  • Head to〜…〜に向かう

【例】I'm heading to the airport. (今空港に向かっています)

 

  • Under the weather…調子が悪い

【例】I'm feeling under the weather. (今調子が悪いんだ)

 

  • Around the corner…すぐそこに

【例】Cultural festival is just around the corner. (文化祭はすぐそこに迫っている)

 

  • Get along with〜…〜と仲良くなる

【例】I hope I get along with you more. (あなたともっと仲良くなることを願っています)

 

  • Get over…乗り越える

【例】Don't worry, you'll get it over. (大丈夫、君は乗り越えられるよ)

 

  • Get used to〜…〜に慣れる

【例】I'm getting used to the weather in Taiwan. (台湾の気候に慣れてきている)

 

  • Be depressed…がっかりする

【例】Why are you so depressed? (なんでそんなにがっかりしてるの?)

 

  • Get down…がっかりする

【例】Don't get me down. (俺をがっかりさせないでくれ)

 

  • Hand in…提出する、渡す

【例】Did you hand in your report ? (レポート提出した?)

 

  • Come in…中に入る

【例】May I come in? (入ってもいいですか?)

 

スポンサードリンク

日常生活・クラスでよく使う英単語10選

  • Calculate…計算する、算出する

【例】Can you calculate an average of the numbers? (この数字の平均値を計算できますか?)

 

  • Divide…分ける、分割する

【例】The group was divided into two. (このクラスは2つに分けられます)

 

  • Attendance…出席

【例】Did the teacher take attendance? (もうあの先生出席とった?)

 

  • Chart…図、グラフ

【例】Look at the chart. (この図を見てください)

 

  • Exam…テスト、試験

【例】How was your mid-term exam? (中間テストどうだった?)

 

  • Semester…学期

【例】How was your last semester? (前学期はどうでしたか?)

 

  • Order…オーダーする、頼む

【例】What do you want to order. (何を頼みたいの?)

 

  • Grab…掴む、持ってくる

【例】I'm gonna grab something to eat. (何か食べるもの持ってくるよ)

 

  • Assignment…課題

【例】Have you done your assignment? (課題終わった?)

 

  • Dormitory…寮

【例】Are you going back to your dormitory? (寮に帰るの?)

 

  • Whiteout…修正液

【例】Do you have a whiteout? (修正液を持ってますか?)

 

  • highlighter…蛍光ペン

【例】Can I borrow your highlighter? (蛍光ペン借りてもいい?)

 

  • Ruler…定規

【例】Do you mind if I borrow your ruler? (あなたの定規を借りてもいいですか?)

 

  • Stapler…ホチキス

【例】Can you pass my stapler? (俺のホチキスとってくれない?)

 

  • Elective course…選択科目

【例】I'm thinking which elective course I take. (どの選択科目を取るか迷っています)

会話の中でよく使う英単語・フレーズ10選

  • Like…〜のような

【例】I was like almost speechless. (俺なんてほぼ声も出なかったよ!)

 

  • I mean…つまり

【例】I mean, you're so cute!!! (つまり、、、可愛いなって話!!)

 

  • Well…え〜っと....

【例】Well, what did you say? (え〜っと、なんて言ったっけ?)

 

  • Exactly…その通り!!

【例】So, it's gonna be A? Yeah, Exactly!!! (つまり、Aになるの? うん、その通り!!)

 

  • Absolutely…完全に、絶対に

【例】Your band was absolutely amazing!!  (お前のバンドマジでやばいぜ!)

 

  • Literary…文字通り

【例】I'm literary almost died. (文字通り死ぬところだった)

 

  • Seriously…マジで!?

【例】Do you know they're dating?ー Seriously!? (あいつら付き合ってんだってよ。 マジで!?)

 

  • As soon as possible…できるだけ早く

【例】I'll send you a message as soon as possible. (できるだけ早くメール送るわ)

 

  • What's going on?…何が起こってるの?

【例】I don't know what's going on. (何が起こってんの?)

 

  • For sure…もちろん

【例】Do you wanna go with me?ー For sure!! (一緒に行く?- もちろん!!)

よく使う英単語・フレーズを勉強する方法

合計40個の覚えておくべき英単語・フレーズをご紹介しました。

しかしまだまだこれ以外にもあなたが覚えるべき英単語・フレーズは数え切れないほどあります。

 

それをどのように勉強すればいいのかをご紹介します。

 

会話の中で慣れる

会話をしていく中で慣れて行く方法が一番はやくて効率的だと思います。

そのためにみなさんも留学行くようなものですからね。

 

 

最初のうちはわからない単語やフレーズばかりが飛び交うでしょう。

そうした中であなたがやるべきことは、それを聞き返すのでも、意味を直接聞くことでもありません。

そんなことすると、会話が止まってしまいますからね。

 

あなたがやるべきことは、まずその単語のニュアンスを掴むことです。

英語がある程度できるようになってくると、話の流れでその単語の意味がわかるようになります。

それを推測して、覚える。この2つだけのシンプルなステップです。

 

 

まずは難しいことを考えずに会話の中で慣れていきましょう。

そして帰ってから意味を調べて次は使いこなせるようになるまで使ってみることです!!

 

ドラマや映画から学ぶ

ドラマや映画から学ぶこともできますのでその方法も紹介します。

 

 

まず好きなドラマや映画を選びましょう。もちろんバラエティー番組でもなんでもOKです。

英語の字幕があるものが好ましいですが、なくても大丈夫です。

ですが、なんども見返せるものを選ぶことが大事です。

 

 

そして聞き流していきましょう。

もしわからない単語・フレーズがあったらノートに書くかメモを取るかしてください。

ここで大事なのは、自分がこれから使うかどうかを自分で判断してください。

 

自分の置かれている環境に照らし合わせて単語をピックアップします。

なので、教材も学園ものやフルハウスのような家族関係のものがいいですね。

ピックアップしたらあとはひたすら暗記・暗記・暗記。そして使いこなせるようになるまで練習します。

 

まとめ

どうでしたでしょうか?

 

イディオムや句動詞(フレーザルバーブ)に特化した教材もありますが、あまりオススメしません。

なぜなら、使わないものもてんこ盛りに掲載されているからです。

 

一番大事なのは、自分が使うものかどうか見極めることです。

そのためには、自分としっかり見つめ合うことが大事ですね!!

 

それではみなさん、頑張ってください!

また次の記事でお会いしましょう♪

 


おすすめの記事