みなさんこんにちは!

 

今日は英語を習得するまでに必要とされる時間の話をしていきたいと思います。この記事は特に英語を全く勉強したことがない人に読んでもらって、1つの指標にしてもらいたいと考えています。

 

結論から言うと、日本人で全く英語に触れてこれなかった人が英語を習得するまでにかかる時間は3,000時間以上といったところです。本記事では、全く英語ができなかった僕の体験談を元に作られています。

スポンサードリンク

英語を習得するまでの時間は人による

3,000時間というのは初心者が英語を勉強し始めたところから計算される一般論でありますから、必ず個人差が出てきます。

 

英語を習得するまでにかかる時間を短くする(長くする)要因で考えられるものを1つ1つ紹介していきます。

 

現時点での英語能力

英語学習を始めようと思った時点での英語能力です。3,000時間はあくまで「英語を全くやったことのない人」が英語を習得するまでの時間ですので、英語力次第では短くなることがあります。

     

    勉強に関する能力

    例えば、記憶力・集中力・継続力などがある方はより効率的に勉強できるので、3,000時間より短い期間で英語の習得が可能でしょう。

     

    英語に関する情報量

    ウェブ上に無数にある英語の勉強方法やアプリの情報など、知識があればあるほど勉強には有利になります。それらの情報をフルで活用すると効率的に学習が進められます。

     

    学習環境

    留学に行ったり英語教室に通える方と、金銭的に独学で頑張るしかない方とでは学習時間に大きな差が生じます。

     

    生まれた環境・年齢

    言語学習を始める年齢は若い方が良いという研究があります。さらに海外で生まれた方・両親のどちらかが英語を話せる方と、普通の家庭で育ってきている方では学習時間にさが生じるでしょう。

    僕がモデルの場合

    上記のようにたくさんの要因が絡まって、英語習得までの学習時間が左右されるのがお分りいただけたと思います。

     

    なので今回は僕をモデルとして、どの程度の時間学習すれば英語を習得できるようになるのかをお話しします。僕の英語を始めた時のスペックはこんな感じでした。

     

    • Be動詞と一般動詞がわからない
    • 英語にアレルギーがある
    • 英語を英語の発音で話す奴が嫌い

     

    いわゆるダメダメなやつで、中学レベル英語でさえままならないような状況でした。そんな僕が英語を習得するまでにかかった時間や体験談を元にこれからお話ししていきます。

    3,000時間の英語学習を経て

    僕は1年間で少なく見積もって3,500時間以上英語を勉強しました。そんな僕が1年後にどうなってたかというのを下にリスト化しました。

     

    • 英語で意思疎通できるが、わからない単語もある。
    • ニュース・スピーチを英語で理解できる。
    • レポート・エッセイを英語で作成できる。
    • IELTSの全セクションで5.5以上取ることができる。
    • TOEICで最低650点は取れる

     

    1年間英語を学習するとこのようなことが出来るようになりました。

     

    「あれ?この程度?」って思った方も大勢いるとは思いますが、3,500時間程度の学習量ではこれが限界だと思います。もちろん人によりますが。

     

    ここがポイント

    この程度のスキルでも十分ネイティブの英語話者とコミュニケーションが取れます。ニュースを見たり新聞を読んだり、日常生活ではまず困らないレベルです。

     

    ここがポイント

    IELTS5.5は大学に条件付きで入学できるレベルです。逆に言えば、3,000時間勉強すれば最低でも大学に入学することは可能なのかもしれません。

     

    3,000時間ってどれぐらい?

    3,000時間と聞いてもあまりパッとしないので、下にどのぐらいかまとめています。
    ・1日1時間の学習時間=9年間
    ・1日3時間の学習時間=3年間
    ・1日6時間の学習時間=1.5年間
    ・1日9時間の学習時間=1年間
    つまり、1日1時間365日オンライン英会話をやっても計算上では9年間もかかることになります。こんなことを言われると途方もなく感じるかもしれませんが、これが現実です。
    なので英語を本気で勉強したいなら、まとまった期間をとって学習することをオススメしています。

    3,000時間学習した僕が出した結論

    実際に1年間で3,000時間以上を英語学習に費やした僕の結論としては、この3,000時間は割と的を得ているような論だなと感じました。
    1年間英語学習をして、その段階ではまだまだでしたが、日常生活では困らないようになりましたし、実際に大学にも留学することができました。

     

    誰でもこの程度なら英語が出来るようになります。大事なのはその後で、TOEFLやIELTSなどで良い点数を取りたいだとか、海外に移住したいなど、それぞれの目標を持ってその後の学習に励んでいただければ良いかなと思います。

    あなたのこれまでの英語学習時間はどれくらい?

    先ほども言っていましたが、3,000時間はあくまでも英語を全く学習したことがない人が必要な学習時間です。

     

    特別な理由がない限りみなさんは義務教育ですでに1,000時間以上の英語学習をしていると思うので、残り必要なのは2,000時間ですね。

     

    本気で英語の習得を目指す方は、残りの2,000時間をどのように捻出するかを考えましょう!

    英語習得を最短距離で達成するために

    英語を習得を最短距離で達成するために、語学留学やワーキングホリデー制度を利用する方が多くいます。これは間違いではないですが、正解でもないと僕は思います。

     

    もしあなたの英語の文法力や語彙力、読解力がそもそも備わっているのならば英語留学は大きな力を発揮する可能性が高いですが、あなたに全く英語力がない状態で海外留学してしまうと結局1から文法や語彙力を養わなければいけません。

     

    英語学習の仕上げの段階での渡航はうまく行く可能性が高いですが、そうでなければかなり慎重な学校選びが必要になります。そこだけは肝に命じておいてください。

     

    僕は英語初心者の方にはフィリピン留学をオススメしています。そして英語初級者から上級者に向けてオススメの学校を紹介している記事があるのでそちらもご覧ください。

    スポンサードリンク

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?今回は全て僕の体験談をもとにお話しさせていただきましたが、どれぐらいかければ英語が習得できるかという質問に僕が答えるとしたら3,000時間以上です。

     

    3,000時間も英語を学習できる能力があればあとは簡単に話せたりできるようになりますよ。

     

    もし何かわからないことや相談があればなんでも受け付けますので、お気軽にお問い合わせください!TwitterのDMでも受け付けてます!!

     

    では次の記事でお会いしましょう♪

     

     


    おすすめの記事