みなさんこんにちは!台湾留学中の黒さんです!

 

 

今日は大学生のあなたに向けての記事です。

そしていつもと違い、大学で単位を落とさないための少しコスイ(ずるい・悪賢い)方法を紹介していきます!

 

「そんなもの、心配しなくても大丈夫!」「コスイ方法を使ってまで単位は欲しくない」なんて言うマジメなあなたは今すぐストップして僕の他の記事を読んでください!!笑

 

そしてこの記事は全員に当てはまるわけではありません。

今日のこの記事はほとんどおふざけ記事です。日本のみなさんがすでに休みに入っているのに、僕はテスト期間でバカみたいに勉強しているので少しおかしくなって来ただけなので、ギャグ記事のような感覚でみていただけたら幸いです。

 

 

それではどうぞ!!

スポンサードリンク

単位を選ぶ前から戦いは始まっている

まずはじめの方法です。

単位を選ぶ前から戦いは始まっていると自分の心に痛いほど刻んでください。

 

 

僕の大学は卒業するまでに128の単位を取らなければいけません。

そして僕の学部の学生が取らなければいけない「必修科目」は82単位で「選択科目」は46単位です。

一科目2単位があれば3単位のものもあります。

 

 

注目してほしいのは「選択科目」の46単位です。

基本的にここでは自分の分野に関係した専門分野や、外国語を取ることになります。

そして選択科目を決めるまで、新入生でも2週間ほど猶予があります(遅いとどんどん取られてなくなってしまう)。

 

 

その2週間の間に、できるだけ仲のいい同じ学部の先輩を見つけ、どの先生の授業がラクか事細かく聞きます。

 

あとは簡単で、その先輩の言っていた学部を選択したらOK。

スポンサードリンク

シラバス(授業計画)を熟読すべし

シラバスというものをご存知でしょうか?

単位を落とさないためにも知っておくマストツールなので知らない人は要注意です。

 

 

シラバスはそのコースについて書かれているものです。

たいてい最初の授業で渡されます。主な内容はこちら。

 

  • 授業の内容・目標
  • 採点の内容

 

 

熟読するべきなのは2つ目の「採点の内容」です。

例えば、出席に40%、中期考査30%、期末考査30%

などと書かれていることが多いです。

 

 

僕は恥ずかしいことにある授業の中間テスト40点/100点をたたき出しました。

ただその授業の採点内容は出席30%だけしかありません。期末も同じ。そして出席で60%もあります。

 

 

授業をパスする条件が、最後にトータルで60%取れていればOK(学校・先生により異なる)。

僕は今のところ全ての授業に出ているので単位を落とすことはありませんね。

 

このように、まず自分がどのように点数を取るか考えましょう。

そしてあとは全力でやるだけ。

先輩と仲良くする

先輩とは仲良くしましょう。

とくに同じ学部の先輩とは仲良くしておいて損はありません。

いい顔をしておきましょう!!

 

 

同じ学部の先輩と仲良くなると、テストの形式などを教えてくれます。

運が良ければ彼らが受けたテストを見ることができます。

 

すると点数配分や難易度が事前にわかります。

そうなると他の生徒に比べてかなり有利になります。

 

 

あと、大学では(台湾では)教科書が高いので先輩から教科書を買ったりもらったりします。

だいたいの先輩は大事なところをハイライトしていました。

 

それはあなたが教科書で勉強するときに大事なところだと視覚的にも認識できます。

これらのメリットから、先輩と仲良くするのはいい戦略になります。

得意なものを伸ばすべし

受けるテストの中でも、自分の得意なものを伸ばしましょう。

例えば数学でいうと微分だけ1問も外さないぐらいのクオリティーまで持っていきます。

 

 

そして大事なものは「より多く問われるであろう分野のものを見つける」ことです。

そしてそれを伸ばすのがいいかも。

 

 

僕は数学では文章題が苦手で単純な計算が得意です。

なので計算は絶対外さないぐらい練習をしてから挑みましょう!

注意するべきこと

単位を落とさないために汚いことをするのは全然OKです。

でもテストの中にもルールというものがあります。

それは破らないようにしましょう。

 

 

代表的な例はカンニングですね。

これをすると成績だけではなく、学校に在学できるかどうかも怪しくなります。

 

「それをすると在学が怪しくなる」というものは絶対ダメです。

でも、ギリギリまであがくのは全然OKです。

頑張ってください!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日は大学の単位を落とさないための戦略を紹介しました。

 

 

今日紹介したのは全て、「勉強方法」などではなく、かなりその場しのぎで汚いやり方ではありますが、大学に行ってまでそんなこと考えていたらしんどくなります。

 

僕と同じで全てにおいて面倒くさがりの方や、勉強するのがめんどくさいと感じている方に参考にしてもらえればと思います。

 

でも絶対にカンニングやテストのルールを破ることはしてはいけませんよ。

もしあなたがカンニングなどで停学・退学になっても僕は一切責任はとりませんのでご了承くださいませ。

 

 

それではみなさん、単位を落とさないように頑張ってください!

それではまた次の記事でお会いしましょう♪


おすすめの記事