みなさんこんにちは!

 

「アメリカへの留学を考えている」
「アメリカ留学に行きたいけど、費用が足りない」
「安く留学に行ける方法はありませんか?」

 

アメリカへの留学は日本人にとって情報量が多いので行きやすいと思います。しかし費用が足りなかったり、カツカツで行くのも少し不安ですよね。

 

今日はアメリカ留学でどのようにして費用を抑えるかを紹介していきます。それではさっそくみていきましょう。

 

スポンサードリンク

アメリカ留学の費用(1年間の学部留学)

アメリカで1年間留学する際にかかる費用は場所や学校により変動します。しかしだいたいの学校が年間の学費だけで100万以上から高いところでは400万ほどかかるところもあります。

 

滞在費・学費・渡航費が主な出費になると思いますがこれも場所によりムラがあります。だいたい200〜400万円ぐらいが1年間の平均かなと感じています。

 

日本と同じようにアメリカには私立大学・州立大学(公立大学)・2年制大学などがあります。

 

ここがポイント

  • 私立大学の学費は無料のところから400万円超とムラがある
  • 州立大学は100万円〜200万円の大学が多い
  • 2年制大学はどこもあまり変わらず40〜70万ほど
  • 場所により授業料に大きな差がある

 

スポンサードリンク

アメリカ留学の費用を抑える方法

アメリカ留学の費用を抑える方法はいくつかありますが、僕が思いついたものと、現地で勉強している友人の体験談を紹介していきます。

 

2年制大学から4年制大学に編入する

2年制から4年制への編入が総合的にみたら1番費用を抑えることができる方法です。これを解説する前に、アメリカの大学のシステムを解説しなければいけないので少しお付き合いください。

 

アメリカの大学のシステム

アメリカの大学は1〜2年制までは数学・英語・芸術などの「一般教養過程」を勉強して、3〜4年制で自分のいきたい学部の専門科目を学びます。日本は1〜4年を通して一般教養課程と専門科目どちらも学びます。これがアメリカの大学と日本の大学の違いです。

 

ここがポイント

このようなシステム上、多くの学生が2年制大学で一般教養課程を修了し、4年制大学へ編入します。いきなり4年制の大学に入っても、授業料が高い場合が多いのでコスパが悪いのですね。

 

ここがポイント

さらに2年制大学はどの州も学費が4年制大学に比べると安いです。だいたい40〜70万円/年間ぐらいと考えていてOKです。安い学費の州立大学に通うよりも安く通えることがほとんどです。

 

学費・物価の安い州を選ぶ

学費や物価は州によって大きな差が出てきます。ニューヨークやLAなどの大都市では学費もかなり高くなりますし、生活費も超高くなります。

 

ここがポイント

学費の安くて、自分にあったライフスタイルの州や都市を選びましょう。例えばテキサスやアリゾナなどの州の2年制大学の学費は年間20〜など、格安で通うことができます。

 

カリフォルニアでも場所によっては安い学校もあります。学費の安い2年制大学トップ100がまとめてあるサイトがあったのでこちらをご覧ください。

 

学校からの奨学金をもらう

学校から奨学金をもらうのも、アメリカの大学で費用を安くする方法の1つです。しかし2年制大学には給付型の奨学金が少ない上、成績優秀者にならないといけないのでハードルは高です。

 

ここがポイント

願書を出す前に奨学金とその条件をみておきましょう。チェックポイントは下記を参考にしてください。

 

  • 奨学金の額(いくらもらえるか)
  • 給付型か貸与型か
  • 奨学金を受け取る条件(クラスで上位何%、スポーツで優秀....etc)
  • 奨学金がもらえる期間

 

最低でもこの4つは確認しましょう。ちなみに僕の友人はモンタナ州の州立大学に通ってて、奨学金で生活しています。ボランティアを1学期何時間かやると奨学金をくれるような学校もあるようなので、そのような学校を選ぶのもいいでしょう。

 

アルバイトで留学費用をを稼ぐ

アルバイトで留学費用を稼ぐこともできます。しかしアメリカでは最初の1年間は学校内でしかできなかったり、いくつか条件があります。そちらを紹介している記事がありますので、その記事も併せてご覧ください。

 

ここがポイント

アメリカの大学は学校内にカフェや図書館などのバイト情報があります。それらに応募してもいいですね。

 

成績優秀者はRA(Resident Adviser)と呼ばれる寮の管理人になることもできます。RAはほとんどの場合、寮費がタダになり、さらに給料も出るのでかなりレアで美味しいバイトです。

 

滞在費・生活費を抑える

滞在費・生活費を抑えれば、年間で見るとかなり大きな差が出てきます。

 

滞在費・生活費=住居、食費、雑費、交際費

 

ここがポイント

オススメは寮です。ルームシェアやホームステイの方が何かと便利なこともあるようですが、当たり外れが大きいのがホームステイとルームシェアの特徴。ルールや人間関係でストレスを感じるリスクがあるのであまりオススメできません。

 

寮のメリットは

  • 費用が安い
  • 学校の友人ができやすい
  • 学校が近い(キャンパス内にあるところも多い)

 

ここがポイント

アメリカの外食はとても高いようです。田舎でもやはり日本と比べると割高だとか。なので食費を抑えるために自炊をする人が多いのが現状のようです。

 

さらにキャンパス内の食堂は、学校によりますが朝昼夜全て提供しているようです。学食は外食より安いみたいなので、学食のある学校を選ぶのもアリかと。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

留学にお金の問題はつきものです。できるだけ安く費用を抑えるために、上記のことを実践してもらいたいと思います!

 

それではみなさん、次の記事でお会いしましょう♪


おすすめの記事