投資を始めたいけど、お金を失うのが怖い。大学生でも投資が可能か知りたい。投資でお金を稼ぐことはできるの?

 

 

こんなふうに思っている人って山ほどいるはずです。もちろん僕もそのうちの一人。なんせ、現段階でまだ投資の初心者にもなれていなのですから(まだ始めてない。。)でもこれから始めたい人や、僕の成長記録に興味がある人はこの【投資シリーズ】からご覧になれます!

 

 

■本記事の内容

  • 僕が投資を始めようと思ったきっかけ
  • 具体的な投資の目標を考えてみる
  • 投資でお金を稼ぐことは可能なのか?
  • これからの【投資シリーズ】の内容など

 

 

僕はまだ投資を始めていません!そして知識もほとんどありません!でもこのシリーズを通して勉強し、その勉強したことをシェアできるようになりたいです。今回は「vol. 0」ですので、投資をしようと思うに至った経緯などを紹介します。

 

 

■注意

このシリーズは、投資のノウハウや稼げる方法を伝授するためにやっているわけではないです。投資をしたい人の動機になったり、投資を身近に感じてほしいという理由から始めました。僕はプロではないので、プロのテクニックを知りたい人は、このシリーズを見ない方がいいです。損をするかもしれないので(笑)。ただ単にしがない大学生が投資を始めて成長していくところをバラエティ感覚でお楽しみください!!
スポンサードリンク

僕が投資を始めようと思ったきっかけ

理由①:大学の専攻が金融学だから

people are taking exams

僕は大学で金融学を専攻しています。僕は将来、金融系の仕事につきたいとは思っていませんが、昔から「お金」というものに興味がありこの専攻を選びました。

 

 

専攻が金融ですので、自然とお金や投資の知識がついてきました。将来はやりたいことがありますので、金融系の職を本職とすることはないです。でも、片手間で、投資によりほんの少しでもお金を増やすことができればと思っています。

 

 

投資って怖いイメージがありましたけど、しっかりと勉強をして準備をすれば、思っているより怖いものではないと感じるようになりました。なのでしっかり時間をとり、勉強をして投資を始めようと今回思ったのです。

 

 

理由②:投資をしている人に触れる機会が多い

1つ目の理由に繋がりますが、大学で金融学を専攻している以上、教授もガチガチのトレーダーの人ばかりです。そんな人に囲まれていて、投資がかなり身近なものになりました。

 

 

繰り返しになりますが、僕の専攻の教授はほとんどみなさん投資をしています。しかもみんな一般的に見て「成功」しています。ある人は母国で投資ファンドでマネージャーをしていたり、個人のトレーダーで年間平均18%以上ものリターンを得ていたり。そんな人たちが、「投資はギャンブルではない」と豪語するのですから、やはり勉強次第では「負けないトレーダー」になれるのではないかと思いました。

 

 

日本にいるときには全く投資家と呼ばれる人に会ったことがなかったので、投資をしようとは一ミリも思いませんでした。でも大学に来て、投資家さんと会ってから、僕も勉強していつかは投資をしようと決意しました。

 

 

理由③:やるなら若い方がいいと感じた

it will turn to be a good thing

授業で得た知識や出会ってきた投資家のアドバイスから、「やるなら若いうちがいい」と思いました。若いうちの方が、「リスク」を取りやすいというのがその理由です。リスクが高いともちろんリターンも大きいですしね!

 

 

若いうちだと少し無理して働くことで、投資に回せるお金が増えます。僕のキャリアプランとしては、卒業後にフリーランサーになる予定です。働くだけお金がもらえる=投資に回せるお金が増える。という構図から、フリーランサー兼個人トレーダーは最高の相性なんです。だから若くて少し無理して働けるうちにはじめて知識をつけようという魂胆です。

 

 

でもそんなに無理ができるのも体力があるうちだけ。さらに家族や子供、住宅ローンなども考えなくていい今だからこそだと思い、投資をしようと決断するに至りました。

 

 

スポンサードリンク

具体的な投資の目標を考えてみる

【投資額を下回らなければOK】

そもそも僕は株の長期保有から来る利息で資産を増やそうと考えています。なので数ヶ月から数年単位で目標を立てるのは野暮なんですよね。でもあえて目標を立てるなら、卒業までに、とりあえず投資額をマイナスしなければ上出来としておきます。

 

 

僕のようにインカムゲイン(利息狙い)を狙っているトレーダーは10〜数十年単位で投資を見ています。そのうちの多くの人が、年間リターンのアベレージを最低8%以上にしているはずです。将来的には僕もそれを上回るトレーダーになりたいです。

 

 

でも今はとりあえずマイナスにならなければOK。もう少し上を狙うなら日本の銀行の普通金利0.001%を上回れば万々歳ということにしておきます。これもなぜ銀行と比較しているかなどはこれからの記事でわかりますので、更新したらリンクを下に載せておきますね!

 

【僕がどれくらい投資にお金を回すか】

僕は大学生です。常に金欠です。なので、このブログの収益数千円と、バイト代の数千円を足して毎月1万円ぐらいコツコツと積み立てていくつもりです。もちろん元本は0円です!

 

 

なので、これから卒業まで約2年間あるとして、毎月投資をしたとしても最終月の24ヶ月目時点での利息は良くて2万円弱しかありません(年利8%で計算)。もちろんお金に余裕があればそれ以上投資しますが、大学生の僕なんで今はこれぐらいが一番現実的な数字かなと思っています。

 

 

もちろん今月から始めるわけでなく、もう少し知識を定着させてからにします。勉強する前にお金を注ぎ込むのは投資ではなく投機ですからね。

 

投資でお金を稼ぐことは可能か?

よく言われるのは、世の中の80〜90%のトレーダーが損をしています。数字だけ見るとめちゃくちゃリスキーです。でもこの数字を表面だけで捉えるせいで、本質が見えてこずに投資を諦める人がたくさんいると思っています。

 

 

果たして80〜90%の人の中で、どれぐらいの人が本気で投資を学んでいるでしょうか?僕の教授たちのように本気で経済や投資について学んでいると、限りなく投資を成功する10〜20%の投資家に近づくことは可能なのではないかと思っています。

 

 

ただ、僕のように元本もなければ月々に積み立てれるお金が微量という人たちは、絶対に稼げません(笑)。僕は今はもう諦めちゃっています。大学を卒業して、もっとしっかり知識が定着してきたら、稼げるぐらいのお金を毎月入れていこうと思います。そしたら少しは生活の足しにはなるかな。。

 

最後に:これからの【投資シリーズ】の内容など

最後にこれからのこのシリーズについてを話します。内容としては、これから僕が投資しているところを定期的にアップデートしていきます。もちろんそれ以外に、大学で学んだことや、有益になる情報を少しずつ更新していこうと思っています。

 

 

もしかするとこの記事をご覧のみなさんは、大学で金融学を専攻していなかったり、全く投資の知識がないかもです。最終的には、「そんな方が僕のように勉強すれば、あなたも投資でできる」と言えるような道標になれればと思います。

 

 

次このシリーズでお話しする内容は、大学の金融学専攻の学生がどんなことを勉強しているのかを紹介します。金融学や会計学などに興味のある方はぜひ参考にしてみてください!

 


おすすめの記事