みなさんこんにちは。

 

 

本記事の内容

  1. リスニングの勉強方法
  2. 英語が聞き取れない原因
  3. オススメの教材
  4. 楽しくリスニングを勉強する方法

 

 

リスニングの勉強は英語学習の中でも割と自習しやすいものですが、やり方を知らない人にとっては難しいですね。どのような勉強方法があってどのような教材を使えばいいのかなど、たくさんの疑問が浮かんできます。

 

 

今日は山のようにあるリスニング勉強方法と教材の中から、僕のオススメのものだけを厳選して紹介しますその中から自分の勉強方法に合うのものを選んで自習をしていってください。

 

スポンサードリンク

「リスニング」の基本とは?

リスニングの勉強方法をお伝えする前に、リスニングがなんなのかをみなさんにお話しします。これでリスニングの基本・真髄を知ってこれからのリスニング勉強に役立ててください。

 

 

リスニング学習は二部構成

リスニングの学習は二つに分かれます一つがインプットでもう一つがアウトプットです。これらを明確に分けることで、リスニング学習の効率性が変わってきます。

 

 

リスニング練習をしていく中で、自分は単語と文法が理解できていない「インプット弱者」なのか、英語のスピードについていけない「アウトプット弱者」なのかを判断しましょう。

the system of listening

インプット弱者なら単語と文法を重点的に、アウトプット弱者なら徹底的に音源を聞くことで効率的に勉強ができます。自分がどちらが苦手かを知らないと、闇雲にやって時間がかかるだけですからね!

 

 

発音も学ぶ必要がある

人間は自分の耳で聞き取れるものは言葉にすることができます。逆に聞き取れないものは言葉に発することができないのです。この事実が英語リスニング学習のコアになります。

 

 

つまりスピーキングとリスニングは相対的な関係を持つということです。なのでただ聞くだけの学習でなく、後ほど紹介する「シャドーイング」などが鉄板リスニング学習法として知られているのです。

the system of listening

特に日本語にはない発音が英語にはあるので、そこを重点的に練習するとより効果があるでしょう。

 

スポンサードリンク

英語が聞き取れない原因

単語知識の不足

単語の知識が不足してしまっていては、自分がどれだけ英語の耳に慣れていても英文を理解することができません。英語の練習をせずに海外留学に行った人に多い原因です。

 

日本語でも医療などの専門的な話をされて、前知識や補足説明もなくて話が入ってこなかった。というのを経験したことがあるかもしれません。まさにそんな状態に陥っているのです。

 

知らない単語は発音できないですし、発音できない単語は聞き取りもできません。単語不足だと感じたら単語を徹底的に発音とともに学習しましょう。

 

文法知識の不足

文法の知識不足もリスニングができない主な原因です。日本語と英語では文法のシステムが少し違うので、最初は戸惑ってしまうかもしれません。

 

日本語は文字の並びなどが曖昧でも伝わります。しかし英語はしっかりとした文型があり、それにハマらないと意味がごちゃごちゃになります。そして日本語の文型とも異なります。

 

それが原因で、言っている単語は理解できるけど、意味がわからない。という現象がおきます。このような現象に心当たりがある方は、文法を学習しましょう。

 

英語の発音・スピードについていけない

上記の二つは知識の問題でしたが、ここまでくると知識ではなくアウトプットが不足しています。よりたくさんの英語を聞くことでだんだんと解消されていくでしょう。

 

英語の発音には日本語にはないものがあります。それを克服するために、発音も勉強しなければいけません。スピードについては完全に慣れです。聞けば聞くほど、耳がついていきます。

 

頭の中で日本語に翻訳してしまう

これも完全に練習不足です。頭の中で翻訳するとどうしても次々くる英語に対応できなくなってしまいます。それが原因で英語が聞き取れない人もメチャクチャ多いです。

 

これも完全に慣れです。最初は感覚で話を聞くことを意識して、それを継続するといつのまにかできるようになっています。

 

英語リスニングの勉強方法

英語リスニング独学の王道「シャドーイング」

シャドーイングはやらない人もいないが、効果は絶大です。リスニングだけでなく発音やイントネーションの矯正などにも効果のある一石二鳥の王道学習方法です。

 

ステップ1 音源と字幕で聞く

listening plus subtitles

最初は字幕と一緒に音源を聞きます。シャドーイングの場合、音源の意味がわからなくても学習になりますなので字幕を見て、自分の聞き取れなかったところを探します。

 

 

そして聞き取れなかったところを分析しましょう。「単語不足・文法知識不足・発音・スピードについていけない」の中から必ず理由が見つかります。

 

単語不足・文法知識不足ならメモってどのような意味なのか、どのような文法なのかを調べます。発音やスピードについていけないなら、聞き取れるまでなんども聞きます。

 

ステップ2 音読

speak and documents

字幕を見ながらでもいいので音読をしていきます。これはシャドーイングへの準備ですので、できる限り正確な発音とスピードで音読をします。

 

ステップ3 シャドーイング

そして最後にシャドーイングです。シャドーイングとは、シャドー(影)のように音源の1~2語あとをついていきながら発音する方法です。

 

 

聞いたものを全く同じ発音とスピードで話します。この方法で「発音可→聞き取り可」と「聞き取り可→発音可」のプロセスを練習できるので、スピーキング・リスニング両方の練習になります。

 

スペルミスを防ぎたいなら「ディクテーション」

シャドーイングと対をなして王道のリスニング学習方法としてディクテーションがあります。シャドーイングがリスニング・発音の同時習得を目指すなら、ディクテーションはリスニングとライティングを同時習得します。

 

 

ライティングと言っても、自分で考えて文を生み出すのではなく、耳に入った情報を書くというスキルが培われます。メモをとる能力が上がると思えばOKですね。

 

ステップ1 音源と字幕で聞く

listening plus subtitles

シャドーイングと同様で音源を字幕付きで見ます。そして聞き取れなかった部分を探して分析をしていくことから始めていきましょう。

 

 

そして次に大事なのがスペルを見ること。スペルチェックをすることで書くときにミスがないようにする+正確なスペルが学べるのがシャドーイングと大きく違う部分であります。

 

ステップ2 ディクテーション

そしてディクテーションに入っていきます。とても簡単で、聞いたものをそのまま紙に書いていくだけの作業です。紙に書いてもいいですし、パソコンやケータイを使ってもいいですよ。

 

シャドーイング VS ディクテーション

シャドーイングとディクテーションはどの時代も対になる学習方法です。それはリスニングに付随してスキルアップが望めるスキルが、スピーキングとライティングと違ってくるからです。

 

 

ではどのような人がシャドーイングで勉強するべきか。また、どのような人がディクテーションで勉強するべきかを紹介していきましょう。

 

 

シャドーイング

シャドーイングは将来的に英語をペラペラに話せる・聞けるようになりたい人にぴったりの学習方法です。単語のスペルや文法よりも、会話重視で学習したい人にオススメです。

 

 

TOEIC・TOEFLなどの英語のテストは、話の全体像を掴むことが重要になってきます。そのため、意味を意識しないで聞こえた単語を書くだけのディクテーションよりも効果的に対策ができると思います。

 

 

ディクテーション

逆にディクテーションは将来書き重視の仕事につきたい人や、会話重視ではなくて、的確に文法や単語を理解したい方にとっていい勉強方法になります。

 

 

IELTSはTOEIC・TOELFと比べて特定の単語を聞き取って書くというタスクがあります。そこではスペリングも厳しくチェッックされるため、もしこのテストを受ける方は、シャドーイングよりもディクテーションを多めにやる方がいいと思います。

 

2つの勉強方法に共通する、注意しなければいけないポイント

お互いの学習方法に共通するものですが、どちらも注意しなけらばいけないポイントがあります。2つのポイントを抑えるだけでOKですが、これらはしっかりと気をつけておきましょう。

 

※注意点※

  • 自分にあった教材を選ぶ
  • スピードは調整できる

 

 

自分にあった教材を選ぶ

自分にあった教材を選ぶことは、これらの勉強方法を成功させる必須ポイントです。難しすぎず簡単すぎないものを選ぶのがポイントですよ。

 

 

もしTOEICなどなどのテスト対策を急ぎでしたいならそうしてもらってOKなのですが、そうでない方は高校生ぐらいのレベルの教材を選ぶことをオススメします。

 

TOEICなどの教材は、専門的な単語や難しい構文の文法が散りばめられています。難しすぎるとやること自体をやめてしまいかねませんので、自分のレベルと向き合うことが重要になってきます。

 

 

スピードは遅めてもいい

初心者の方ほどスピードはそのままでやりがちです。ここで重要なのはスピードに慣れることではありません。最後までやり遂げることです。

 

 

厳密にいうとスピードに慣れることは大事ですが、やはり最後までやり遂げること(意味を調べたりすること含める)が重要になってきます。

 

スピードそのままで文の意味もわからないままでは、最後までリスニングが終わったとしてもやり遂げたとは言い切れません。なのでスピードは遅くしても大丈夫なので、やり遂げることを優先していきましょう。

 

僕が使っていたオススメの教材・サイト

僕は三年前まで全く英語ができませんでした。今これを見ている方誰よりもできなかった自身があります。普通同士とBe動詞の違いすらもわからなかったほどです。

 

 

その時に使っていたリスニングのための教材やサイトなどを、難易度順に紹介できればと思います。自分のレベルに合わせて好きなものを選んでください!

 

超初心者編

TED-Ed

ウェブサイトはこちら。いくつもあるジャンルの中から、好きな動画をピックアップしてリスニングの練習ができます。最初はひたすらこれを見ていました。英語も簡単で、視覚的にも理解できるので初心者にオススメ。

 

British Council

ウェブサイトはこちらサイトは全て英語ですが、リスニングの練習がレベル別でできます。初心者の方はA1の動画などを選びましょう。1分前後の動画もありストレスなく学習できます。

 

中級者編

TALKENGLISH.com

ウェブサイトはこちら。British Councilと似ていますので併用ができますが、より難しい内容のものあります。より中級者にオススメのウェブサイトになっています。

 

CNN10

アメリカのニュース番組CNNが放送する一週間の出来事を10分前後で放送する番組です。ユーチューブなどで簡単に見つけることができます。中級者編ではリスニングの力をつけるというよりも、持久性をあげていました。

 

上級者編

TED Talk

ウェブサイトはこちら。TED Talkはさまざまな分野のエキスパートから一般人までがスピーチやプレゼンをするものを撮影したものです。20分ほどの動画が多いです。英語学習から半年したぐらいからひたすら毎日聞いていました。

 

ニュース番組

アメリカでもイギリスでもどこのものでも大丈夫です。以前にニュース番組をまとめた記事を書いたのでこちらを参考にしてください。

 

TOEFL問題集

上級までくると特定のテストのリスニングの勉強をする方が多いです。この問題集は問題集もかなり多いのでオススメですよ。

【中古】 TOEFLリスニング問題350 / 喜田 慶文 / 旺文社 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:424円
(2020/6/24 00:47時点)
感想(0件)

IELTS問題集

IELTSの問題集はこの問題集がオススメです。攻略方法なども書いていて、独学者さんにはオススメです。

パーフェクト攻略IELTSリスニング 新装版/トフルゼミナール【1000円以上送料無料】

価格:2,860円
(2020/6/24 00:50時点)
感想(0件)

まとめ:自分に合った勉強法・教材を選ぼう

英語のリスニングを独学をしている方の中で多いのが、自分に合った勉強方法がわからず、自分のレベルにも適応しないレベルの教材を使用していることです。

早く習得するかも重要ですが、そこまでのプロセスも、成熟度に関わってくるので同じぐらい重要です。なので勉強方法や教材選びが重要になってくるのです。

 

 

これはライティングも同じです。ライティングに関しては、僕が好きということもあり(得意ではない)、記事もたくさんあるのでいくつかオススメ記事を紹介します。

 

 

このような記事をスピーキング・リーディング・ライティングでも紹介できればなと思っています。

 

それではみなさん、次の記事でお会いしましょう♪

 


おすすめの記事