みなさんこんにちは!

 

日本人は英語がとても苦手です。ヨーロッパの若い人は英語を話せるのは当たり前だし、僕目線ではアジアの他の国も、日本よりは英語が得意だなと感じています。

 

 

なぜ日本人は英語ができないの?
小中高であれだけ勉強したのにできないのはなぜ?
なぜ他の国の人たちはあんなに英語が上手なの?

 

 

今回はこのような疑問に応えるために、【なぜ日本人は英語が話せなのか】を徹底的に解説していきます。なぜ日本人が英語を話せないのかを知ることで、どのようにして英語を習得できるのかが見えてくるかもしれません。

 

上記のような疑問をお持ちの方はぜひ最後まで見ていってください。

スポンサードリンク

日本人がなぜ英語を話せないのか徹底分析する

日本人がなぜ英語を話せないか、これから徹底解析していきます。日本人が英語を話せない理由は3つ。

 

    • 言語的にまるっきり違う
    • 英語は日本では必要性が薄い
    • 学校の英語教育

 

たったこの3つの理由ですが、日本人はこれらの理由によって未だに英語を話せないままでいます。

 

さっそくですが、この3つの理由に沿って詳しくお話ししていきましょう。

言語的にまるっきり違う

日本語と英語では言語が全く違うので日本人は英語を習得するのにかなりの時間を要します。

 

日本語と英語を比較するとすぐにわかると思いますが、これら2つの言語は文法・単語・発音が全く違うのです。なので日本人が簡単に英語を話せるようになるわけがないんですね。

 

日本語と英語の文法の違いを簡単に表しました。

 

英語の語順=SVO(主語+動詞+目的語)

日本語の語順=SOV(主語+目的語+動詞

英語は主語の後に動詞がきますが、日本語の動詞は必ず文末にきます。

 

 

日本人にとって英語の単語は、聞いただけだと皆目見当もつかないです。それもそのはずで、日本語は漢字・ひらがな・カタカナで構成されますが、英語は全てアルファベットですね。身近にない記号の羅列を見たところで僕たちの脳みそはそれらを理解することができませんね。

 

発音はどうでしょう?日本語の発音にはないもので代表的なのはRのサウンドやTHのサウンドですが、これら以外にもまだまだたくさんあります。自分たちが使わないサウンドがどれだけあるか、発音記号一覧を見るとすぐわかります。

 

さらに日本語にはないリエゾンがあったり、抑揚やリズムがすごく重要だったり、とにかく日本語と英語は言語的に全く違うものなのです。そのため日本人にとって英語を話せるようになるためにはかなりの時間を要します。

英語は日本では必要性が薄い

日本で生活していると、英語の需要はほぼありません。これも日本人が英語を話せないことに深く関わっています。

 

日本はまだまだ豊かな国です。日本国内だけで生活するのなら、高度な英語力は要求されないでしょう。すなわち英語の需要が日本国内ではまだまだ低いのです。

 

英語は他の外国の方とお話をしたり、より良い仕事・役職につくにはとてもいいツールになります。しかし、日本国内で一定の英語力を要さないとつけない仕事がどれほどあるでしょう?以前に比べれば増えているのかもしれませんが、それでも日本で仕事につくために英語は必要ないですよね。

 

では日常生活でどれだけ英語を使うでしょう?日常生活で英語がないと生活できないと思ったことは今までに一度でもありますか?ほとんどの人はNOと答えるでしょう。これこそ、日本の英語の需要が低いことを証明しています。

 

人は需要のないものに興味を抱くことが少ないですね。そのため日本国内では低い英語の需要が、「日本人は英語が話せない」を作っています。

学校の英語教育

学校の英語教育は他の国とは全く違ったものとなっています。この日本の英語教育こそが、日本人が英語を話せない原因の1つです。

 

2013年以降の英語教育は、原則として英語で授業をすることが義務付けられました。しかし実際はどうでしょう?これまで一時間まるまる英語を使った授業だったことがどれほどありますか?

 

英語は練習することでどんどん力が付いてくるものです。しかし日本の教育では練習をする時間はなく、高度な文法力や読解力のみにフォーカスされた授業の方が主流です。これは大学入試を突破するためのもので、実際に英語を使えるようになるためではありません。

 

そのような背景から日本で英語を習得するのはとても難しいのです。

スポンサードリンク

日本以外の国はどうだろう?

これまでは日本での需要や教育、そして言語的違いをシェアしてきました。これらが英語が話せない日本人を生み出してきたのは理解できたと思います。

 

では他の国はどうでしょうか?ヨーロッパやアジアの他の国々はなぜ日本より英語が上手なのかを考察してみました。すると日本とは真反対だったことがわかりました。

言語的な違い

ヨーロッパ諸国の言語は英語ととても似ています。

 

英語はもともとヨーロッパで生まれ、ドイツ語やフランス語などの影響を受けて独自の変化をへて今の形になっています。なので英語にはドイツ語のような単語やフランス語のような単語がたくさんあります。さらに文法も共通の部分が多いためヨーロッパの方には習得しやすい言語になっています。

 

例えばTouch=「触る」という単語ですがフランス語ではToucherです。Voyage=「旅」も全く同じ単語がフランス語にもありますね。

 

このように共通している部分が英語とヨーロッパの言語はとても多いので、彼らが英語を習得するのは比較的に簡単だと言われています。

英語の需要・必要性

ヨーロッパや英語が堪能な国では多くの場合、英語の需要は高いです。

 

英語がないと意思疎通ができなかったり、直接の生活に関わってくる場合がたくさんあります。

 

ヨーロッパをみてみましょう。ヨーロッパは陸続きにたくさんの国々が並んでいますが、彼らの言語は国により異なります。EU圏内ではどこで仕事をしようが自由なので、その影響でたくさんの人が大国に出稼ぎにいきます。しかし彼らの言語が必ずしも同じとは限りません。

 

そんなときに英語が使われます。ヨーロッパの企業では必須言語に英語が記されているところもたくさんあります。このように仕事やコミュニケーションを取るために需要が高いんです。

 

アジアの国々も、歴史的背景で英語が日常生活で必須の国や、英語を話せることでいい仕事が見つけられたりします。このような理由からヨーロッパや他のアジア諸国は英語が得意だと推測されます。

英語の教育

学校の英語教育も日本とは正反対と言えるでしょう。

 

僕たちが受動的な授業で英語を勉強しているのに対し、彼らはディスカッションなどで能動的に授業をしています。それに彼らの授業中の言語は全て英語です。

 

日本も彼らのように授業中の言語は全て英語にすればもう少しマシにはなるのでしょうが、英語っぽい発音で話すと少し引かれてしまうぐらい日本は深刻なのでそれはまだまだ先でしょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

今日は日本人がなぜ英語を話せないか分析していきました。これ以外にもたくさん理由はあるかもしれませんが、一番重要なのはこの3つだと確信しています。

 

  • 言語的にまるっきり違う
  • 英語は日本では必要性が薄い
  • 学校の英語教育

 

 

しかしどれも自分たちだけではない問題ですよね。言語なんて今更変えることはできないし、日本の教育を変えることも多分無理でしょう。

 

せめてグローバル化が今よりも進んでくれれば、日本人も少しは英語に興味を持ってくれるのではないかと期待しています。

 

それではみなさん今日も最後まで読んでいただきありがとうございます!また次の記事でお会いしましょう!

 


おすすめの記事