みなさんこんにちは!

 

近年ポピュラーになりつつある英語圏以外の国への留学ですが、その最先端を走っていると言っても過言ではない国といえばフィリピンですね。中でもセブ島への留学は日本人含めアジア系の英語学習者にとってはとても人気のある留学先です。

 

今回はみなさんが気になっているであろう料金であったり、クラスの様子、なぜフィリピンは人気なのかなどを話していければいいと思います。

 

しかし、かくいう僕はというとフィリピンへの英語留学は未経験です(笑)

それでも友人から聞いた経験談や、学校のサイトや動画を見て思ったことなどを、留学経験者としての目線でお話しできればいいと思います。

スポンサードリンク

なぜフィリピン留学は人気なのか

フィリピンは英語の留学の渡航先としてアメリカやイギリスに匹敵するぐらい人気がある国です。ではなぜフィリピンへの英語留学はそんなに人気なのでしょうか?非英語圏でありながらもそれだけの地位に上り詰めたのには理由があります。

【魅力1】留学費用の安さ

フィリピンの物価の安さはみなさんもお分かりだと思いますが、こと教育に関しても総じて安いです。外国人を対象にした留学ビシネスでもそれは変わりません。

 

アメリカ・イギリスなどの英語圏への留学では、授業料から物価から何もかも高いのが現実です。お金の面で比べると圧倒的にフィリピンの方が安上がりになるので、学生やお金に余裕がない方の留学先として人気が高いのです。

【魅力2】授業・講師の質

フィリピンの母国語はタガログ語ですが、公用語は英語です。彼らの英語力はほぼネイティブに近いといえます

 

さらに英語圏の国と比べて1番大きな違いでメリットであるのは英語授業の形式です。フィリピンでの英語の授業はほとんどがマンツーマンで行われるのに対して、アメリカ筆頭とした英語圏の国々では授業は基本的に数人から20人ぐらいで行われます。

 

このメリットとして、講師が一人一人の英語の実力で授業を進められることと、講師の目が行き届きやすいことにあります。わからないことはすぐに聞けるシステムが構築されている授業は、英語初心者にも上級者にもメリットになります。

【魅力3】情報量が豊富で選択肢も多い

圧倒的に情報量が多いのもメリットの1つです。これは英語留学でメジャーな他の国と同じですが、日本語でもフィリピンの英語留学に関してたくさんの情報がウェブ上に上がっています。

 

そのため、選択肢も自ずと多くなり、その豊富な選択肢の中からあなたが好きな場所であったり好きな雰囲気の学校を選ぶことができるのもメリットの1つです。

 

英語だけの留学に不安がある方は日本人スタッフのいる学校を探したり、日本人の生徒が多い学校を選ぶこともできるので、選択肢が柔軟なこともフィリピン留学のメリットです。

スポンサードリンク

フィリピン留学のデメリット

これまで3つほどフィリピン留学がいかに魅力的かを語ってきましたが、次は僕が思うフィリピン留学のデメリットを2つお話しさせてもらいます。

【デメリット1】講師・授業の質

こちらは魅力でもお伝えした話ですので矛盾しているかと思います。しかしやはり、講師陣や授業の質がいいばかりではないと伝えなくてはならないと思いました。

 

これから話すのは僕の友人の話です。マンツーマン授業中、わからなくて言葉が出てこない友人に対して講師が日本語で手助けをしたみたいなんですね。これでは留学の意味がなくなります。最初のうちは助かったと思うかもしれませんが、逆にわずらわしく感じることにもつながります。

 

このような場合を避けるために、日本人が少なくて日本人慣れした講師の少ない学校を選ぶか、校内は英語だけで過ごさなくてはいけないといったルールのある学校を選場なければなりません。

【デメリット3】日本人留学生が尋常じゃないほど多い

1番のデメリットは日本人が多いことです。ガチで英語の勉強しに行ってるのに日本人とばかり仲良くなると修学旅行のようになってしまうことになりますし、せっかく国際交流できるのにその機会をみすみす逃しているようなものです。

 

このような事態を避けるためにもセブ島や他の観光地と言った日本人の多い場所ではなく少ない場所を選んだり、日本人の比率を見て学校を選ばないといけたいと言ったような配慮も必要になってきます。

フィリピン英語留学でオススメの学校3選

今まではフィリピン英語留学の魅力からデメリットまで僕が思うものを紹介していきましたが、これからは僕が客観的にオススメするフィリピンの英語学校を紹介します。

 

初級者から中級者、上級者とランク分けしてあるので参考にしてください。

【英語初心者用】NILS

セブの中心部にキャンパスを構えるNILSは、日本人が経営する学校だけあり、日本人のスタッフも多数在籍し、生徒のほとんどが日本人という環境。

 

中級者・上級者にはオススメできる環境ではありませんが、初心者で英語に全く触れたことがない方や、英語だけの生活に不安がある方にはぴったりの学校です

 

1番オーソドックスであろう1日6時間コースの料金は、最安値で1ヶ月122,800円。授業料と寮費、1日3食の食費とWifi料金を全て含めてこの価格ですのでかなり安いほうだと思います。

 

授業内容もユニークなものが多いみたいですが、あくまで初心者向け。それ以外の方だと少し物足りなく感じる方もいると思うのであまりオススメできません。

NILSウェブサイト:https://www.nilsph.com

【中級者向け】EV Academy

セブの中心地から数キロ離れた場所にキャンパスをもつEV Academyは授業時間が長いことでスパルタ教育と評される教育方針が有名なフランス人オーナーが経営する英語学校です。

 

僕がなにを持って中級と定義するかというと、文法力と語彙力です。日本人の学生は1番こちらに該当するのではないかと思います。中級者は基本的にライティングやリーディングを得意とする方で、日本の英語教育をある程度こなせるぐらいの人と定義しています。

*あくまで僕個人で定義したものです*

 

そんな中級者向けの人はスピーキングやリスニングの授業を多く取り入れることで英語を飛躍的に上達させれます。

 

この学校はスピーキングに特化した授業であるPower Speaking 6とPower Speakin g8と呼ばれるコースがありますが、これらは全てマンツーマンでスピーキングに特化した授業です。

 

Power Speaking 6では授業料・寮費・食費・掃除・洗濯の費用込みで最安1ヶ月US$1,670です。少し割高な気もしますが、授業料と内容を考えれば妥当だと思いますし、かなり英語の上達もするのではないかと思います。

 

EV Academyウェブサイト:http://evacademy.org/

【上級者向け】English Fella language school

こちらもセブ中心部から少し離れたところに位置する語学学校です。

 

上級者向けは自分の中ではある程度4技能を駆使して英語を使うことができる人をさしています。そんな上級者の方は次のステップとして他の英語圏の国への留学も考えている方がいたり、英語のテストであるTOFLEやTOEIC、IELTSなどで高得点を目指そうとする人だと思います。

 

今回はスパルタで日本人も比較的少なく、英語に専念できる学校を探していたらこちらの学校へとたどり着きました。学校授業の質や量の多さだけでなく、門限まである徹底っぷり。そして、ある特定の曜日に欠席すると罰金まである厳しさ。遊びにも目をくれず集中して短期で高得点を目指す方が対象です。

 

TOFLEコースは4時間のTOFLEマンツーマンレッスンの後、2時間のグループレッスン。その後ネイティブの講師の授業のがあり授業の質は間違い無いと思われます。

 

こちらも1ヶ月でUS$1,570に授業料と滞在費が含まれています。

 

English Fella Language Schoolウェブサイト:https://englishfella.com/ja-jp/

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

フィリピンの英語留学には様々なメリットとデメリットがあることをお分りいただけたと思います。ここで少しおさらいしておきましょう。

【フィリピン英語留学の魅力】
・留学費用の安さ
・授業・講師の質
・情報量が豊富で情報も多い
【フィリピン英語留学のデメリット】
・講師・授業の質
・日本人留学生が尋常じゃ無いほど多い

 

そして今回はこれに加えて僕個人の勝手な見解と判断で良さそうな学校を、初心者向け・中級者向け・上級者向けと別にして1校ずつ紹介していきました。

 

これからフィリピン留学に行く方の役に立てればありがたいですし、この記事がきっかけでフィリピン英語留学に興味をモッってくださった方がいれば嬉しいです。この記事が少しでもみなさんにとって有益な情報になるように願っています。

 

では次の記事でお会いしましょう♪


おすすめの記事