みなさんこんにちは!黒さんです(@kuro_kurosan96)

「留学に行きたいけど、どこがいいかな?」
「留学で安い国はないかな?」
「アジアの国で、英語で授業は受けれないの?」

たくさんの方がこのような疑問を持っていると思います。僕もそのうちの1人でした。
やはり「英語で海外に留学」と聞くと、アメリカやイギリスといった場所を想像する方が大半だと思いますが、僕は「アジアの大学に英語で留学する」ことをオススメしています。
僕はアジアに留学したことはありませんが、ネットでアジアの大学の情報を人一倍以上見てきた自信があります。その中で僕が感じたアジア留学のメリットを紹介します。

国際化に伴い、アジアの学校でも英語のみで全ての授業を履修できる学部がたくさんあります。

 

日本では「立命館アジア太平洋大学」や「国際基督教大学」などが有名ですね。もちろん日本だけでなくたくさんの国がこのようなプログラムを用意しています。

 

インドやフィリピンは国の公用語の1つなので容易に探すことができますし、シンガポール・中国・香港・台湾などでは多くの学校が英語のみで履修できるプログラムを組んでいます。

スポンサードリンク

英語留学にアジアの国を選ぶメリット

この記事で話させていただく留学とは、正規で学部に留学することを指します。語学を学ぶための語学留学とは少し違いますのでご注意ください。

 

英語留学でアジアの国を選ぶメリットは、僕は3つあると思います。

 

  • 留学費用が安い
  • 英語力の基準が低い
  • 英語以外の言語を学べる

 

それではこれらのメリットを1つ1つ解説していきます。

【魅力1】英語圏の国に比べて留学費用が安い

英語圏のイギリス・カナダ・オーストラリア・アメリカなどに比べて、留学費用が圧倒的に抑えられます。

 

ここをチェック

アメリカの非営利団体Collage Boardによると州立大学(日本でいう国立)の学費と生活費がアベレージで350万円、私立だと450万円もかかる模様。

 

ここをチェック

台湾の有名私立大学の淡江大学(Tamkang University)は、授業料と滞在費で年間90万円で全て英語の授業を受けれます。ここまで安いところでなくても、シンガポールの有名大学「南洋理工大学」は年間の学費が120万程度でありながら、世界最高峰の授業が受けれます。

 

ここをチェック

学費だけでなく滞在費も、アジアの物価の安さから欧米諸国に比べても安く済むことがほとんどです。台湾などの物価の安い国に至っては日本の大学に一人暮らしで通うよりもさらに安い費用で留学ができます。

【魅力2】求められる英語力が低い

英語で授業があるので、英語能力試験などの結果は必ず提出しなければいけませんが、その基準が欧米諸国に比べてかなり低いことがほとんどです。

 

もちろんアメリカやイギリスなどの英語圏の国々は、英語ができて当たり前の人達が入学するので、入学するための英語の基準はアジアの国々に比べて高めに設定されています。

 

ここをチェック

アメリカの短期大学に入学するためには最低でもTOFLE ibtで61点以上、IELTSだと5.5以上が必要です。大学院に行きたいとなるとネイティブと遜色ないほど英語ができないと、合格者の候補にすらなれません。

 

ここをチェック

アジアの大学は4年制大学でもIELTS5.0以上取れれば入学可能な学校だったり、欧米では認知度は低いTOEICを審査基準に採用している学校が多数あります。学校独自の英語の試験を採用しているところもありますが、その基準も軒並み低めに設定されています。

 

英語で留学がしたいけど、英語力がまだまだ足りないと感じる方は、アジアで英語で開講されるプログラムを見つけて留学することをオススメします。

 

【魅力3】英語以外の言語を学べる環境

最後のメリットとして、英語以外の言語を学べる環境にいることです。やる気次第では英語以外の言語を習得してマルチリンガルになれるかもしれません。

 

ここをチェック

英語しか話せない生徒のために、その国の現地の言葉を無料で教えてくれる言語交換のパートナーをボランティアで行ってくれる学校や、現地の言葉の授業を格安で開講してくれたり、さまざまなユニークなプログラムがあります。

 

ここをチェック

グローバル化に伴って、英語が話せることは以前よりも価値が下がってしまいました。しかし英語・日本語プラスで何かもう1言語話せると、さまざまな面で有利になります就職だけでなく、今まで接触できなかった人とのコミュニケーションが可能になったり、メリットがたくさんあります。

 

ここをチェック
アジアには将来的に需要が高い言語や、今現在まさに需要が高い言語があります。インド各地で使われているヒンディー語や中国語はその代表といえるでしょう。さらに経済成長の真っ只中であるインドネシアやマレーシア、シンガポールの言語も習得して損はない言語だと思います。

まとめ

海外留学というとやはりアメリカやイギリスに目が行きがちです。僕も同じでした。しかし少し視点を変えると選択肢はとても幅広くなります。

 

しかしアジアの大学に行きたくても情報があまりないのが現実です。なので選択肢がアメリカやイギリスになってしまいます。

 

実は僕は台湾の大学に出願していて、可能だったら編入したいと考えています。

(台湾の大学に編入が決まりました)

 

もし興味のある国や学校があり、情報が欲しいということであれば僕にTwitterのDMを送ってください。僕がその学校をリサーチしてお力になりたいと考えています。

 

この記事がみなさんの役になっていれば嬉しいです。それでは次の記事でお会いしましょう♪

 

 

 

 

 

 


おすすめの記事