みなさんこんにちは!黒さんです(@kuro_kurosan96)

 

僕は現在22歳なのですが、今年から台湾のとある大学で1年生になります。というのも、ドイツの大学で学位を取得するのは金銭的にも生活的にも厳しいと感じたので、台湾の大学に留学して4年間で学位を取得しようと思っています。

 

そして9/3日に台湾まできて寮にチェックインしました。まだこの寮に引っ越してきて4日しか経過していませんが、だいたいどんな感じかわかってきたのでみなさんに紹介しようと思います!

 

今日は部屋だけの紹介になるので他の共有部分や学校のことなどは後日アップする予定なのでそちらをご覧ください!そしてどの学校に通っているのか気になる方は、TwitterのDMでお気軽に声をかけてください!自分からどの大学に通っているかは言うつもりはありませんのでご了承ください!

 

スポンサードリンク

台湾の大学寮のリアルをご紹介

まず僕の学校では1年生は必ず寮に入らなければいけません。学校の寮は4つあり、留学生はそのうちの3つしか使えません。その3つのうちの1つはメディカルキャンパス専用なので一般の生徒が入寮することもできません。

 

なので僕たち一般の留学生に残されて選択肢は自ずと2つになります。1つは僕のいる寮で、3人部屋のバストイレ付きです。もう1つは4人部屋でバストイレは共有です。

 

まずはお部屋の写真をご覧ください。

 

割と広くて部屋自体は綺麗で快適です。さらに専用のデスクと鍵付きの専用クローゼットも完備なので、僕は普通に好きですね。

 

これは自分のベッドから見た風景になります。

 

コンセントもあり、デスクには勉強用のライトまであります。ベッドはマットレス・掛け布団・枕が支給されましたが、シーツは自分で用意する必要があります。おそらく多くの寮では、掛け布団や枕は用意されていないと思いますので、しっかり確認だけはしてください。

 

 

シャワーとトイレです。台湾では湯船のない家や寮がほとんどだと思います。うちの寮も同じです。そしてこのバスルームが日本人にとっては少し汚いかなと思ってしまいます。

 

鏡は水垢だらけで、タイルも汚く変色しています。でも僕は潔癖ではないので、特に問題なく使っています。

 

この寮は一学期ずつ寮費を払うのですが、この寮でだいたい2万2千台湾ドルぐらいです。日本円で計算すると4ヶ月で8万円ぐらいです。月2万円ほどですので、日本人の感覚では安いですが、台湾・インドネシア・マレーシアの生徒はこれでも高いと言っていました。

 

あと、水道代はタダですが、電気代は学期の最後に払います。ガンガン冷房をつけてるので、どうなるか少し不安ですね。

 

スポンサードリンク

台湾の寮生活で気をつけるべきこと

台湾で寮生活をするときに気をつけるべきことは、契約のサインをする前に必ず部屋を見ることです。

 

僕は部屋を見ずにチェックインの時にサインをしましたが、何も問題はなかったです。しかし僕の知り合いの日本人は、最悪な目にあいました。

 

彼も僕と同じで部屋を確認する前にサインをしてしまいましたが、彼の部屋が最悪に汚かったのです。と言うのも、先に1年以上住んでいる先輩がおり、その先輩が全く掃除をしない人でした。

 

部屋に足の踏場がなく、バスルームは水垢でタイルが変色。真っ白のトイレが黄ばんでいたような状態でした。これはしょっちゅう起こるので気をつけましょうね。

 

台湾の寮生活で不便なところ

不便なところはいくつかあります。おそらく多くの日本人が直面する問題について少し紹介します。

 

台湾の寮生活で不便なところ

  • 言語の壁
  • カルチャーの壁
  • Wi-Fiが遅い

 

この3つについてこれからお話していきます。

 

言葉の壁

多くの方がこの問題に直面するでしょう。

 

僕の場合、中国語は全然ダメですが、英語は話せます。そして幸運なことに、クラスメートがインドネシアとベトナム人なので会話は全て英語です。

 

しかしこれがもし3人部屋で日本人があなただけだったり、あなたが英語やその国の言語を話せなかったらどうでしょう?話に入れなくて孤立してしまう可能性があります。

 

カルチャーの壁

他の国の人と住むと必ず文化的な違いが出てきます。

 

例えば部屋でタバコを吸ったり、毎日パーティーを開いたり。部屋のキレイさは日本人なら多くの方が大事にしている部分ですが、海外の人は日本人のようにキレイ好きでない場合が多いです。

 

なのでしっかりと「週に1度は交代で掃除をしよう」などと言った話し合いが必要になります。

 

Wi-Fiが遅い

これは僕の寮が特別なのかもしれませんが、Wi-Fiがかなり遅いんです。

 

おそらくたくさんの人がこの寮に住んで、みんなネットを使っているから混み合うんだろうなと思います。しかしこれも自分でルーターを契約することで解決はできますね。

 

さらに台湾で携帯を契約すると、安くて無制限なのでオススメです。(条件あり)

 

まとめ

僕のところのように、留学生だけが入れる寮は言語交換などたくさんのメリットがある反面、やはり日本との違いをたくさん痛感しました。

 

しかしこの4日間では特に困ったことはなく、ルームメイトも幸運なことに英語が流暢でキレイ好きと言うことなのでかなりラッキーでした。

 

これから何か進展があれば紹介していこうと思います!


おすすめの記事