以前の記事で、台湾でバイトができるのはわかったけど、じっさいに応募する方法を教えてほしい。以前紹介していた台湾のバイト応募アプリの使い方を一から教えてほしい!!

 

 

以前書いた下の記事で、台湾では正規留学生ならば学生でもバイトができることを紹介しました。まだそちらの記事を見ていない方はその記事もぜひご覧ください。

 

 

上の記事の中で、バイトを見つけて応募するのにオススメのウェブサイト(アプリもあります)を紹介しましたが、使ったことがない人がほとんどだと思うので、今日そのサイトの使い方を徹底的に紹介します!

 

 

本記事の内容

  • 104人力銀行の使い方
  • Facebookで求人を探す方法
  • 家庭教師として生徒を募集する方法

 

 

今回はじっさいに僕がデモンストレーションしながら画像付きで解説していきます。何もわからなくてもこの記事を見るだけでカンタンに台湾でバイトを探すことができますので、ぜひ皆さんもサイトを使いながらご覧ください!!

 

スポンサードリンク

104人力銀行の使い方

検索して条件を埋めよう

104人力銀行」と検索すると、一番上にこの結果が出てきます。「104人力銀行」をクリックして、サイトに入りましょう。ちなみにアプリもあるので、ケータイで使いたい方はインストールしてください。

 

これが104人力銀行のトップページです。このサイトを通じて連絡を取る場合はログインが必要です。右上の「求職登入」からログインしましょう。フェイスブックのアカウントでログインできますよ。

 

 

ちなみに前の記事でこのサイトのデメリットについて少し述べました。そこで、このサイトを通じて連絡を取っても返事が返ってくる確率が低いという話をしました。8割ぐらいは返ってきますけど、2割ぐらいは音沙汰がないという印象です。

 

 

なのでもし求人情報のところに、採用担当者のラインやメールなどがあるなら、直接連絡を取る方が効率的です。中国語ができない人には少しハードルが高いですが、バイトをゲットするには、ときには勇気を出すことも必要ですね。

 

赤で囲まれた2つの使い方がわかればカンタンにバイトを探せます。「1」は検索バーです。ここであなたが働きたい職種を検索しましょう。日本語教師なら「日文」というふうにキーワードを入れてしまえば検索に出てきます。

 

 

「2」ではバイト先の場所を絞ることができます。台北で働きたいなら台北を選択しましょう。その後に台北のどこで働きたいか、日本で言うと、区や町にあたるぐらいまで範囲を絞ることができます。選択が終われば、右のオレンジの検索ボタンをクリックしましょう。

 

応募までの流れ

今回は台北で日本語教師を探してみました。より条件を絞りたければ上の赤ボックス2つから絞れます。他にもいくつかカテゴリーごとに絞れますが、この辺はあまり使わないないので除外します。

 

 

テキトーにクリックすると、その求人の条件が出てきます。中国語しか書いてないですが、なんとな〜くわかります。どうしてもわからないところは翻訳ツールに使っちゃいましょう!

 

このメールボタンを押すと、バイトに応募することができます。しかし、応募するには台湾のARCの番号が必要です。ARCはレジデンスカードです。なのでじっさいに応募することができるのは、台湾に入境してからということになります。

 

 

これが104人力銀行の使い方です。かなりシンプルではないですか?中国語ができないと少し面倒に感じてしまいますが、このサイトが一番求人量が多いので、ぜひ試しに目を通してみてください!

 

スポンサードリンク

Facebookの求人を探す方法

求人の探し方

私のアイコンの写真などがでてるので、ほとんど画面を映せなくてすみません!フェイスブックに入ると、パソコンの場合は左側に求人のアイコンがでます。ケータイの場合は一番右下の欄をタッチすると求人アイコンがでます。

 

アイコンをクリックするとこの画面がでます。メリットはすぐに検索されることですね。自分の位置情報をオンにすれば自分の近くの求人を見ることができます。そして一番のメリットはフェイスブックは日本語でバイトの求人を見ることができることです。

 

 

左側を見ればわかるように、探しているバイトや、最低時給・最高時給をセットすることができます。フィルターを変更すればより近くの求人を調べることができます。

 

応募までの流れ

この画像を見れば「応募」というボタンがありますね。ここをクリックすればすぐに応募することができます。しかも、自分のプロフィールの情報から学歴やメールなどがでてきて一瞬で送信することができます。めんどうな入力が省かれるのはかなりラクです。

 

 

ご覧のようにかなりカンタンにフェイスブックでバイトに応募することができます。多くの方がこのアプリでバイトに応募できることすら知らなかったと思います。でも台湾ではけっこう主流なので、台湾にきたらぜひ試してみてください!!

 

家庭教師として生徒を募集する方法

まずはフェイスブックでグループをリサーチ

またまたフェイスブックですが、検索バーで「家教」と入力すればこのグループが最初に出てきます。出なければ自分で検索してみてください。

 

 

このグループは家庭教師と生徒のマッチングを手助けしてくれます。ここではあなた自身が生徒を募集するために、時給の設定や授業内容、自分の経験などを投稿して生徒を募集します。時給は400〜700元が相場です。

 

 

これってけっこう需要があって、僕の周りの日本人でもめちゃくちゃたくさんの人が使っています。でも写真を載せるのが必須なので、そこに抵抗がある人もいます。大丈夫な人にとってはバイトをゲットするいいプラットフォームですよ!

 

まとめ

台湾でバイトを探すなら上記の3つの方法を知っていればけっこうカンタンに見つかります。もちろん条件を選ばなければという話ですが、緊急でバイトを探している人にはかなりいいかなと思います。

 

 

私も今は日本語学校と、オンラインで日本の企業を通して日本語を教えさせてもらっています。日本語学校のバイトを見つけた方法は、今日も紹介した104人力銀行で見つけて個人で連絡を取りました。中国語も話せなかったですが、私の場合は英語だけでOKでした。

 

 

台湾の生活費は安いといえど、付き合いや娯楽などでお金を使うことが多いです。台湾でバイトを見つけて、少しでもより充実した学生ライフ(またはワーホリライフ)を送ってほしいと思います。それではまた次の記事でお会いしましょう♪


おすすめの記事