みなさんこんにちは!台湾留学中の管理人です!

 

 

今日の記事の内容

  1. 台湾は肥満大国
  2. 台湾になぜ肥満が多いのか
  3. 台湾に長期滞在するならダイエットをせよ

 

台湾は世界の国々と比べても肥満が多いことで有名です。そしてまた日本は世界的に見て、運動をしない割には肥満が少ないということで有名です。

 

僕の友人は日本人・外国人に関わらず、台湾に来てから体重が増えたという方が多いです。かくいう僕もその1人。逆に体重が減ったなんて人はほとんど見ません。

 

 

今回は、実際に台湾は肥満が多いのか?多いのならば、その原因はなんなのか?などを紹介します。これから台湾に来る方はぜひ参考にしてください!

 

スポンサードリンク

台湾には肥満が多いのか?

結論から言うと、台湾は非常に肥満が多いです。どれぐらい肥満率が高いかと言うと、「アジアでぶっちぎり1位、敵なし」状態。全盛期の中日ドラゴンズぐらい。

 

統計を見ていきましょう。少し古い情報では、2012年時点ですでに、18歳以上の男女共に肥満率は最も高く、男性の51%以上、女性の38%以上が標準体重を上回っています。「標準体重とは?」状態真っ只中ですね。

 

さらに2019年調べでは、19歳以下の肥満人口は、直近5年間で80%以上増加。予備軍も順調にその数を増やして、アジア最肥満国の地位を確固たるものにしています。

 

ちなみに日本人は成人女性の2割、男性の3割程度が肥満だと言われています。日本は世界的にも肥満が少ない国の一つです。

 

スポンサードリンク

台湾に肥満が多い理由

飲食生活に大きな問題アリ

飲食生活にアジア最肥満国の要因の秘密が隠されているのは明確で、もはや秘密ではないでおなじみの台湾。こっちの食生活は言わずもがな、飲生活(こんな言葉があるかわからない)も相当なものです。

極端な例を紹介しましょう

  • 朝食=蛋餅+ミルクティー
  • 昼食=チャーハン+ミルクティー
  • 間食=タピオカミルクティー
  • 夕食=夜市

 

 

「いやマジでふざけんな」って思う人いるかもですが、本当に毎日こんなもんです。僕はさすがにこんなんではないですが、台湾人はこんな感じ・もっと食うと思います。

 

まず朝食がやばいですよね。日本だと抜く人が多いかも。こちらは朝からすでに脂っこい蛋餅と甘〜いミルクティーが定番です。

 

夕食で夜市に行ったらもう終わり。カロリー爆弾のオンパレード。揚げ物がメインで、飲み物もカロリーが高いものばかり並びます。あなたも大好きタピオカミルクティーはだいたい700kcalもあるんですよ。

 

エクササイズをする人も少ない

2012年調べに戻りますが、男性で約70%、女性で約80%がエクササイズの習慣がありません。まぁこれは日本も変わらないのかななんて思ったりもしますがね。

 

学校にジムや運動場があり、僕も週4回ぐらいジムを使用したり運動場を走りますが、同じ時期に始めた台湾人の仲間が、いつの間にか会う回数が減り、ついには見なくなる。なんてことも多々あり。

 

食生活も悪く(美味しいのは美味しい)エクササイズをする人も少ない。もうここまで来たら救いようがないというかなんというか。。

 

車・バイク社会

食事もダメで、エクササイズもしないなら、普段の生活でできるだけ歩こう!!」。すみません、これも絶望的です。台湾は想像以上に車とバイクが普及しており、自転車や歩きの人はほぼ見ません。

 

とくにバイクは2300万の人口のうち、半分以上の1200万人が所有しています。そして彼らは徒歩5分でもバイクを使うありさま。これにはもうお手上げですね〜

 

これだけ条件が揃っていれば、みんな気兼ねなく肥満への道を登っていくってもんです!と言っている僕でさえ、最近はバイクを使いすぎているなと思っています。

 

台湾に長期滞在する方にオススメのダイエット方法

旅行・留学・仕事、さまざまな理由で台湾に長期滞在する人がいるでしょう。そんなあなたも、この地に降り立った瞬間から肥満への道は着実に登っているのです。

 

「私どれぐらい食べても太らないの」と言うあなた、どうぞ試してみてください。台湾肥満社会の泥沼にハマり、その太ずスタイル抜群だった美ボディがどんどん肉の塊に変貌していきますので。

 

 

そうなりたくない方は意識してダイエットをしましょう。これから紹介するのは比較的楽な、台湾ならではのダイエット方法です。

 

運動はガンバってする

ダイエットに運動はやはり欠かせないものです。意識的に運動をするようにしましょう。幸運にも台湾は、運動をする環境は日本に比べて整っていると言えましょう。

 

 

まずはアパートです。少しいいアパートなら、ジムが付いているところが多い。いいアパートと言っても、高雄なら日本円で3万円も出せばジムが付いてくるところもあるでしょう。

 

あなたが学生なら学校のジムをフルで活用しましょう。基本タダなところが多いです。公共のスイミングプールも100元から泳げるところもできます。

 

 

そして公園の施設も整っています。日本より、大人がエクササイズをするようのぶら下がり棒などがあります。大きな公園や自然も多いのでランニングをするのもオススメ。

 

高カロリーな料理は避ける

台湾に住んでいると高カロリー料理は避けれないものになっています。例えば油物やタピオカミルクティー、デザートなどなど。

 

とくに飲み物は要注意。日本のレストランにもセルフサービスで水を出すところがありますね。そんな感じで台湾でもフリードリンクがありますが、中にはお茶があります。このお茶が砂糖たっぷりぶち込んだ半端ないものなので、お茶が出て来たら飲まないこと。

 

油物料理も気をつけるべきです。台湾には油物料理が半端なく多いし、半端なく旨い。でもこれを食べちゃうとブクブク太っていきます。これも良くないのかもですが、僕はコンビニで栄養のバランスを考えてご飯を食べています。

 

漢方がダイエットに効果あり!?

漢方の中にもさまざまな効果でダイエットを促すものがあるようです。実際に試したことはないですが、友人が常時使用しており、効果ありとのことです。

 

実際にいくつかの漢方には脂肪燃焼を促進したり、便秘を解消したりするものがあるようで、それがダイエットに効果的と言われています。

 

しかし漢方は長期的に服用している方にのみ効果があるとされ、さらに、漢方そのものにダイエット効果がないと言っている医者や研究者もいるのが事実です。なので自己責任でお願いします!

 

まとめ:台湾は超肥満大国で、滞在するならダイエットは必須

台湾がどれほど肥満大国なのか、何が原因で肥満大国になるのかなどがわかったかなと思います。僕の個人的な意見でも、前から4人人が歩いてくるなら1~2人は必ず肥満という感覚ですね。

 

肥満はある意味心の病気という風に僕はとらえており、緊張やストレスにより暴飲暴食につながることも多々あるのかもしれません。

 

やはり僕もその人間の1人で、僕はストレスがたまるとお酒をしこたま飲んでしまいます。そんな感じで暴飲暴食をする人が多いと思うので、やはりまずは精神面をケアしてく必要があるのかもですね。

 

 

こんな感じで台湾の豆知識なども紹介しているので、気になる方は他にもチェックしてください。ここにいくつかオススメ記事を貼っておきます!

 

 

それではみなさん、次の記事でお会いしましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

 


おすすめの記事