「台湾の居留ビザを取得できました!」

 

みなさんこんにちは、黒さんです(@kuro_kurosan96)

 

今日は台湾の居留ビザを取得する方法を紹介します!

 

こんな人に見てほしい

  • 台湾の居留ビザ取得方法が知りたい
  • 台湾に留学する予定がある
  • 居留ビザを申請するときに注意することを知りたい

 

それではさっそく見ていきましょう!!

 

スポンサードリンク

台湾居留ビザ申請方法

台湾に長期滞在するにはたくさんのビザが必要ですが、今回は多くの語学学生が取得する停留ビザとは違い、台湾の大学に入学するときに必要になる居留ビザの取得方法を紹介します。

 

と言ってもあまり停留ビザと変わらないと思うので、停留ビザを取得したい人にも参考になるかもしれません!

 

ちなみにこちらの記事では「日本で」居留ビザを申請する方法について紹介しています。

 

Step1. ビザ申請のための書類を集める

ビザ申請には書類を集めなければいけません。どの書類が必要かは、下のリストを見て参考にしてください。

 

居留ビザ申請に必要な書類

  • パスポートとパスポートコピー各1ずつ
  • 居留ビザ申請書(オンラインで記入)
  • 写真2枚(横3.5×縦4.5cm)→半年以内に撮影
  • 留学先入学許可証とそのコピー各1ずつ
  • 健康診断証明書
  • 査証手数料
  • 現在在学中の在学証明書(交換留学のみ)

 

ここがポイント

これらの書類は、集めるのに時間がかかるものは少ないですが、早めに集めた方が無難です。特に健康診断証明書は病院により発行までに2週間以上かかる場合があるので注意が必要です。

 

ビザ取得用の健康診断についての記事は他の記事にしてあるのでそちらをご覧ください!

 

Step2. 近くの台北駐日経済文化代表処・弁事処に出向く

ビザの申請は一般的に大使館や領事館で行うのですが、日本では台湾は国として認められていないので大使館・領事館共にありません。しかしその代わりに、ビザ関係などをしてくれる台北駐日経済文化代表処と呼ばれるものがあります。台湾へのビザはそちらで申請する形になります。

 

間違って中国の大使館に行っても対応してもらえないので注意が必要ですよ。

 

僕は京都出身なので大阪に弁事処がありました。しかし場所によっては遠方まで来なければいけないので日程をしっかり組みましょう。

 

台北駐大阪経済文化弁事処

住所: 大阪市北区中之島2丁目3-18 中之島フェスティバルタワー17階
電話: 06(6227)8623
FAX: 06(6227)8214
E-mail: teco-osa@mofa.gov.tw

 

弁事処に入館すると整理券を取ります。人はほとんどいませんのですぐに呼ばれます。そして書類を全て渡して、この日は終わりです。

*その日のうちにビザが必要な方は追加の料金を払えば当日受け取りが可能です。しかし午前中に申請する必要があります*

 

Step3. ビザを取りに行く

Step2で書類に不備がなければ領収書を渡されます。その領収書にいつになればビザが出来上がるか記載されています。ほとんどの場合は翌日発行が可能です(平日のみ)

 

あとはビザを取りに行くだけです。その際に領収書は必ず持参するようにしましょう!

 

ビザはパスポートの最後の方のページに貼り付けられます。そしてこれを現地でARC(外国人在留カード)に上書きしてもらう流れです。

 

スポンサードリンク

居留ビザ申請で注意する事

居留ビザと停留ビザでは必要になる書類が全然違うので注意が必要です。

 

そして僕のように予防接種を幼少期に受けている方はそれを証明するために母子手帳とそのコピーが必要になります。必ずコピーと原本は持参しましょう。

 

予防接種を受けていない人も一応持って行った方が無難だと思います。

 

まとめ

大阪の弁事処の職員の方はみなさん日本語が堪能でした。白人の方が英語で話していましたがそれでも対応はスムーズにされていました。

 

ビザと聞くと面接や言語の能力テストがあるのではと不安になる方もいますが、台湾はそういったものは全くありませんでした。なので安心てください!

 

何かわからないことがあればTwitterのDMで送ってください!

 

現地についたらARCの取得方法も解説したいと思っています!

 

それではみなさん、次の記事でお会いしましょう♪


おすすめの記事