みなさんこんにちは!
台湾留学中の管理人です!

 

 

みなさんは留学前に何をするべきだと思っていますか?もちろんパッキングや手続き諸々とありますね。今日は留学にいく前にやるべきこと・やっていた方がいいことを紹介します。

 

ドイツと台湾に留学の経験がある管理人が、実際に留学中に「やっていた方が良かった」と感じたことや、「やっていて良かった」と感じたことを紹介します!

 

☆こんな方に読んでほしい記事です☆

  • 留学に行く予定がある
  • 留学前に何をしたらいいかわからない
  • 後悔のない留学をしたい
  • 旅行に行く予定だ

 

上にも書いてある通り、留学だけでなく、旅行に行く予定の方にもぜひ読んでほしい記事になっています。それではさっそく本題に入っていきましょう!

 

スポンサードリンク

留学前にやるべきこと

まず留学前にやるべきことはパッキングを思うかもしれませんが、すみません、今日はその話はしません。持ち物リストりや留学に便利なものリストは他の記事にしてるので、そちらをご覧ください!

 

今日は持ち物ではなく、留学前の「マインド」や「行動」について紹介しますね。これからお話しする内容をまとめてみました。

  • 留学先の国について調べる
  • 公共交通機関について調べる
  • 各種手続きについて調べる
  • 遊ぶ!!!

 

これから一つずつ詳しく見ていきます。

 

留学先の国について調べる

留学先の国について調べることはとても大事。とくにその国の「ルール」や「エチケット」などを調べておくと、留学生活が円滑に、問題なく進んでいきます。

 

日本は島国で独自の文化がたくさんあります。なので、日本と海外では文化や習慣の違いたくさんあります。日本と台湾で感じたカルチャーショックを記事にしたのでこちらをご覧ください。

 

僕が例であげたのは割と優しめですが、知っていないと思わぬトラブルを招く場合も。
それを未然に防ぐために、留学先・旅行先の文化や伝統を知ることは、留学前の勉強よりも重要です。

 

例えば、日本では麺を啜りますが、それが許されるのは日本だけです。他の国では失礼に当たります。韓国ではお椀を持ってご飯を食べるはタブーです。インドネシア・マレーシアなどのイスラム圏では頭を撫でるのはご法度。タイも同じです。たとえ子供でも、頭は神聖な場所と考えられているからです。

 

 

このように日本の常識・当たり前が海外では通用しないことが多々あります。これらを渡航前に少し調べることはトラブルを避けるだけでなく、これからの留学生活を円滑に進めるために重要になってきます。

 

公共交通機関について調べる

公共交通機関について調べましょう。具体的にその国にはどのような種類の乗り物がるのか。どのように切符を買うのか。どのように乗ればいいのかを調べておきましょう。

 

日本と海外では移動手段でも違うことがたくさんあります。切符の買い方が違う国もあれば、日本ではみたこともないような乗り物を利用せざるを得ない状況があるかもしれません。

 

そんな時、あらかじめチケット購入方法や、乗り方の方法さえわかっていれば、スムーズにいきますよね。

 

 

バスや電車でチケットを買うにしても日本とはかなり違います。さらにフィリピンやタイではトゥクトゥクと呼ばれる三輪バイクの移動手段が一般的だったり、国によってはボートやバイクが移動手段になっている国もあるかもしれません。それらの使い方を調べておくだけでもかなり旅が楽になります。

 

最悪でも空港から自分の住む寮やアパートまでの移動経路は調べるようにしましょう。僕はドイツに渡航してから自分の契約しているアパートまでの経路を調べていなくて、Wifiも繋がらない状況だったので仕方なくタクシーで7,000円かけてアパートまで行きました。

 

 

このような状況を避けるためにもあらかじめの準備というものは必要になってきます。留学だけでなく海外旅行に行くときにも重要になってきますので参考にしてください。

 

各種手続きについて調べる

海外に行ってまずやるべき手続きを日本であらかじめ調べておき、さらに日本で準備ができる必要書類などがあればそれらも準備しておきましょう。

 

海外で特に留学に行くと、学校のことだったり家のことや行政的な手続きなど、すごく忙しくなってしまいます。少しでもその負担がなくなるようにしておけば楽になります。

 

例えば銀行口座の開設だったり住民登録だったり住居登録だったり。。。留学するとなると手続きをしなければいけないことが山のようにあります。手間を少しでも省くために留学前に準備しておきましょう。

 

海外に行ってからでもできるとお考えの方もいるとは思いますが、なんの情報もない中でその都度調べていたら準備不足になりがちです。書類を集めるのに時間がかかる場合もあります。なのでできるだけ時間のある間にめんどくさいことはやっておきましょう。

 

海外に行ってスムーズに手続きを完了させるために、日本であらかじめ調べ物をしたり書類の準備をしておくことは大事です。

スポンサードリンク

番外編

今まで紹介してきたことは、留学を円滑に進めるために是非、留学前に準備しておいてほしい項目です。これからは別にやらなくてもあまり影響はないけど、やっていたらより良い留学になるのではないかという事を話して行きます。

 

あらかじめ友達を作っておく

可能であれば、留学にいく前にその現地の国のことを教えてくれる友達や、現地に住んでいる友達を作っておきましょう

 

留学前に友達がいるとかなり気持ちが楽になります。現地に住んでいる友達を作るのもいいですし、日本に住んでいる方でも大丈夫です。渡航先の国の人でなくてもその国に長年住んでいたり、その国のことをよく知っている人がいることで安心感が半端なくなります。留学先の国の確かな情報を得ることができるのがメリットです。

 

僕もドイツに住んでいた日本人の方とあらかじめ繋がっていて、渡航先でビザや銀行の開設を手伝ってもらいました。こういった友達は、海外に慣れていない人や言語がまだわからない人にとってはすごくありがたい存在になります。

 

肝心のその友達の作り方ですが、アプリやFacebookなどで簡単に見つけることができます。興味があれば是非一度お試しください!

治安について調べる

現地の治安について調べることも是非やってほしいことの1つです。

 

近年、日本からの留学生や旅行者が海外で犯罪に巻き込まれるケースが多々報告されています。その国の治安や犯罪の傾向を調べることも、留学前にするべき準備の1つです。

 

日本が世界的に見てもかなり安全な国で、犯罪が多発している地域はあまりないように感じます。しかし、海外では1つ奥まった路地に入るだけでガラリと雰囲気が変わるような場所も多く存在します。そのような場所に足を踏み入れないようにするためにこの準備は必要です。

 

さらに国や地域ごとにどのような犯罪が頻発しているかを調べることも推奨します。スリやひったくりが頻発している地域をあらかじめ知っていると、警戒心を持つことで犯罪に巻き込まれることを極力防ぐことができます。

 

このような情報は軽くでいいのでググってあらかじめ頭の中に入れておくことをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

たくさんの留学経験者が留学に必要なものを紹介されていますが、今回僕は自分の経験をもとにそれ以外の留学前の準備についてお話ししました。

 

繰り返しになりますが、本記事でお話しした内容をおさらいしておきましょう。

・留学先の国のルールを調べる
・公共交通機関について調べる
・手続きについて調べる
・あらかじめ友達を作っておく
・治安について調べる

 

この5つのことを是非留学前に確認しておいてください。今回は必要なモノについてはお話しませんでしたが、準備で必要なコトについてお話ししていきました。

 

他にもたくさんあると思いますので、ぜひ何か思いついた方や、経験上感じた必要な準備についてあれば僕にも話しししてください。

 

ではまた次の記事でお会いしましょう♪

 


おすすめの記事